ここから本文です

(1).(2).(3)の解き方を知りたいです。 解答には解説が載ってないので、 解説と途...

aya********さん

2016/12/2221:51:45

(1).(2).(3)の解き方を知りたいです。
解答には解説が載ってないので、
解説と途中式を教えて欲しいです。
宜しくお願いします。

ベストアンサーコインお礼いたします。

補足ベストアンサー250枚プレゼントします。

ベストアンサーコイン,解き方,解説,解答,面積,三角形,途中式

閲覧数:
61
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mid********さん

2016/12/2403:11:26

初めは「8秒後」というのは「PがBに来たとき」だと思われたのではないでしょうか?
しかしもしそうだとすると、ABが16cmということになるので、面積は128平方cmになってしまいますね。
ここでよくよく図を見ると、BからCに向かう時も、ABを高さとする三角形の面積だけ増えて行くので、AからBに向かう時と同じ割合で面積が増えるということに気付くのではないかと思います。
ですから「8秒後」というのは、PがCに来たときです。△ABOと△BCOを横に並べると、高さは共通でAOの長さ、底辺は16cmで面積は96平方cmですから、高さ(AO=AB)は12cmであることが分かります。→(1)

(1)の結果から、CDは12-4=8cmです。
PがCD上を動くときは高さがCDの三角形、DE上を移動するときは高さがAB+CDの三角形の面積ずつ増えて行くので、増える割合が違います。
ですから、アはPがDに来たとき、13秒はPがEに来たときだと分かります。
実際に面積を求めてみても、PがCからDに移動すると、8×8÷2=32平方cm増えて面積は128cmになりますが、これはグラフと一致しています。
アは、8+4=12秒になります。
DからEは1秒で、この間に面積は、2×(12+8)÷2=20平方cm増えますから、イは148平方cmです。 →(2)

AB=12cm、CD=8cm、EF=6cmですから、3つの正方形の面積は244平方cm、その半分は122平方cmですから、グラフからこれは8秒と12秒の間になります。
96~122:122~128=26:6=13:3ですから、8秒と12秒の間4秒を13:3に分けたところが答えになります。
4×13/16=3.25秒なので、答えは11.25秒後です。→(3)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる