《不妊治療》心の傷を抱える方に質問です。 今年は子宮外妊娠の手術等もあり、地獄のようにつらい一年でした。 夫原因の不妊で治療をしてきましたが、私が卵管を失うという残酷な結果でした。

不妊 | 家族関係の悩み5,126閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

4人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

回答励まされました。親や友達には心配をかけたくないので話せずこちらに書きました。 デリケートな問題と思ったので、検査の必要性を説明し促しはしましたが、私には強制はできませんでした。 夫は子供を欲しがっていて自分の家族の前でいつも「俺は子供欲しいけど、奥さんになかなか子供ができない」と言ってました。 実際は仕事が忙しくストレスがたまるからと言って夜はゲームに没頭してセックスレスでした。 このままこの人といても子供は難しいと思い、離婚を切り出したところ、射精障害でほとんど精子が出ないこと(1雫くらい)をカミングアウトされ、検査治療に踏み切りました。 夫のことは優しいところがあることもわかっているので、人としての弱さを含め嫌いにはなれないのですが、責める気持ちを拭えません。 今まで生きててこんなに自分の人生を動揺させられた事がなく、人を責めたり恨んだりすることもとても不妊治療以上に苦しいです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん、師走のお忙しい中回答いただき本当にありがとうございました。 嫁ぎ先を遠く離れ実家に帰省し、家族に誕生日を祝ってもらい…少しずつ浮上することができました。 嫁ぎ先では引きこもりでしたが、昨日は地元の親友がふさぎ込んでる私を外に連れ出してくれ、話を聞いて一緒に泣いてくれました。 家族友人回答者の皆さん達の励ましのおかげで、年明けの治療を頑張ってみようと思えます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2016/12/30 21:04

その他の回答(4件)

1

まず、私だったらご主人から、義実家に対して、 不妊の原因は自分であることをカミングアウトしてもらいます。 自分のせいにされるなんて、我慢できませんから。 それから、貴女とは全然ケースが違いますが、 少しでも励ましになればと思い、私の事を書きますね。 かなり省略しますが まず、若い頃は子供はまだ先で良いと思い続け、 40歳手前になってから、さすがに急がなきゃと気持ちを変えて 当時付き合っていた彼と入籍。 まずは婦人科検診をと思い受けた検査で、卵巣嚢腫が発覚。 その後、卵巣嚢腫の手術を受けてから、不妊治療を開始。 40代の超高齢だったので、AIHを4,5回受けて、体外にステップアップ。 43歳の時に、体外受精の末に授かった子を 安定期に入っていた18週目で流産。 胎動も感じていたので、本当に辛かったです。 その後、44歳で妊娠、45歳で無事出産しました。 凍結胚盤胞が残っていたので、今年に入って再度チャレンジ。 双子を授かりましたが、8週目で流産。 今月、最後の凍結胚盤胞を戻し、現在結果待ち。 結果がどうであれ、もう47歳なので(^^;)これで諦めます。 辛い事も多いと思います。 まずはご主人と将来について話し合い、 もしもご主人が積極的に不妊治療に臨んでくれないのであれば ご自分の将来を考えてみた方が良いかもしれません。 頑張って下さい!

1人がナイス!しています

そうですね。つらいのは私だけではないのはわかっているんです。 でも治療に期待して、子供を夢見た後に残酷な結果が待ってるよりは、もう子供を諦めてしまった方が楽だからと私は逃げているんですよね。 私がボロボロになってはじめて旦那は優しくしてくれるようになりました。(実家では相変わらず私が不妊症不育症卵管なしですが) もう限界なので治療をやめ離婚して実家に帰してほしいと頼んだ頃から、憑りつかれたように治療や子宝祈願のことを提案してきます。 新婚当時、旦那にセックス拒否られたり不妊検査を拒否されてつらかったことをよく思い出します。 旦那の現在の妊活意欲を拒否すれば、新婚当時の旦那が私にした仕打ちと同じになってしまうので歯を食いしばってもう少し頑張ろうと思います

0

不妊治療をしている37歳です。 悲しいご経験をされたのですね。卵管に着床するほど生命力の強い受精卵だったのですね。きっとまだまだチャンスはおおいにあると思います。 不妊治療の段階から、夫婦の子育ては始まっていると思ってます。この時点で2人で協力できないなら産まれてからも協力してくれないんじゃと思ってしまいます。 人によるかもしれませんが。 義両親に、あなたに不妊の原因があると旦那様が言うって…どういうつもりなんでしょう。不妊治療以前にあなたに大きなストレスを与えているじゃないですか。名誉毀損もいいところです。義両親と妻の間の調整義務をおおいに違反してます!離婚理由になりますよ! 不妊治療は女性に圧倒的な負担をしいるものです。治療を始める前にもっと解決しないといけないことがあると思いました。

私も不妊治療の段階から生命を強く意識することには共感します。 それゆえに、採卵培養で育たなかった受精卵を廃棄、 胎児が成長してないので子宮内容物除去、掻把術、 子宮外妊娠のため着床した卵ごと卵管を切除…。 自分たち夫婦のもとへ命を呼び寄せたい一心で これまで目を背け深く考えないようにしてました。 でも本当は採卵後の未成熟卵や育たない胚の廃棄にさえ罪悪感を感じ、自己嫌悪します。 子供を授かって、育むことができれば、 そういったことが救済されるような気がします。

0

はじめまして。 とても辛い経験ですよね。私も子宮外妊娠をして、卵管切除をしたので(もう片方はもともと閉鎖、通っていたほうの卵管に着床してしまった)、もう自然妊娠ができないと分かった時点でどん底に落とされたような気持ちでした。でも、看護師さんから「卵巣と子宮があれば妊娠できるから!」という言葉に励まされ、そして何より産んであげれなかった赤ちゃんにもう一度帰ってきてほしくて高度治療に踏み切ることができました。 長らくの不妊治療中は特に義実家に帰省するのが辛かったです。お義姉さんたちは我が子を抱っこしているのに私だけペットの犬を抱っこしてて...(ペットも我が子同然ですが...義両親が気を遣ってペットにお年玉をくれるのも、そういう気遣いさえも辛く感じていました) 質問者さんの場合、まず35歳の年齢は全然手遅れな年齢ではないです! それからご主人が甥っ子や姪っ子さんたちと楽しく遊んであげていることは、それは将来お子さんができた時の予行演習にもなっていると思います。子どもに対して全く無関心であるほうが子ども作っても大丈夫か?と心配になると思います... 私も35歳で体外受精で1人目を授かり、現在37歳で2人目の不妊治療を再開しています。37歳でも先生からは「まだ若いほう」と言われています。卵管があれば自然妊娠できるのに、とか、自然妊娠できる人を羨ましく思うことはいまだにあります。でもこれが私の運命だったと受け入れるしかありません。そして諦めるか諦めないかも自分次第。37歳ですがまだまだ諦めません。 質問者さんも諦めなかったらきっと赤ちゃんは帰ってきてくれると思います。どうか諦めないでほしいです。

そうですね。治療をやめたいと思いつつ、諦められてないからつらいのだと思います。 やっぱり子供が欲しいと思っている人は、子供を授からないと本当の意味での心の救済はないな、って思います。 結局子供を授からなくて、今諦めても何年か後に諦めても、つらさが変わらないなら続けるべきでしょうか。 ただ遠方の嫁ぎ先で他人に囲まれて人生を過ごすのは嫌です。 自分の家族の老い、病気などもあり、家族のそばで介護、看病含めて生活したいという気持ちも年々強くなってます。

0

ID非公開

2016/12/27 22:38

卵管は二つあるので、一つは残っているのでは?