ここから本文です

春はあけぼの 夏は夜 秋は夕暮れ 冬はつとめて これらの春夏秋冬は現代の暦...

giv********さん

2017/1/922:00:04

春はあけぼの
夏は夜
秋は夕暮れ
冬はつとめて

これらの春夏秋冬は現代の暦で言う春(3-5月)夏(6-8)秋(9-11)冬(12-2)なのでしょうか
平安時代頃は春(1-3)夏(4-6)秋(7-9)冬(10-12)と習った

記憶があるので......

閲覧数:
446
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bim********さん

2017/1/1015:29:30

旧暦の1-3月4−6月…です
現在の暦になおすとだいたい一ヶ月遅れで2-4月5-7月…となります

ここで古来の日本語(及び中国語)の春夏秋冬と西洋のspring summer autumn winterは季節が少しズレるので注意が必要です
現代の日本語の春夏秋冬は西洋のspring summer autumn winterにひきずられて季節がズレてきているのでさらにややこしいです

本来の日本語の春は一番寒い頃から徐々に寒さが緩む2-4月です、別の言い方をすれば立春(2/4頃)から立夏(5/7頃)までです
俳句の季語などもこれをベースにしています
西洋の季節は最も暑い3ヶ月を夏、最も寒い3ヶ月を冬として間が春・秋なのでだいたいspringは3-5月となります、場合によっては春分(3/20頃)から夏至(6/21頃)までをspringと定義するようです
現在の日本の気象庁が定める春は3-5月です

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる