ここから本文です

顔が濃い・体毛が濃い・酒に強い(縄文系)…東北、甲信越(新潟・長野・山梨)、石...

lun********さん

2017/1/615:17:40

顔が濃い・体毛が濃い・酒に強い(縄文系)…東北、甲信越(新潟・長野・山梨)、石川以外の北陸、群馬以外の北関東(栃木・茨城・埼玉)、千葉、岡山、南九州(熊本・宮崎・鹿児島)、沖縄

顔が薄い・体毛が薄い・酒に弱い(弥生系・渡来系)…愛知、石川、関西、岡山以外の中国地方、北九州(福岡・大分・佐賀・長崎)

ハイブリッド…北海道、群馬、東京、岐阜

合ってますか?
やっぱり東北・南九州・沖縄は顔や体毛が濃くてお酒好きな人が多いですよね。
逆に関西・東海・北九州は顔や体毛が薄くて下戸の人が多いですね。

新潟生まれ新潟育ちの僕が県民を代表して言わせてもらいますけど、東北美人・新潟美人っていうのも嘘ですね。
東北や新潟は本来は縄文系だけど、寒冷地適応で一重で鼻の低いのっぺり顔が多いんですよ。
でも遺伝子的には縄文系なので、耳垢が湿ってる(=ワキガ)・酒に強い、などの特徴はちゃんと残ってますけどね。
もちろん美人もいるけど、それは他の地域にもいえるわけで、他の地域と美人の割合は大して変わらないと思います。
いや、むしろ大半がブ◯です(東北・新潟の女性の方すいません…)。

あと「九州人は顔が濃い」っていわれることがあるけど、正確には「南九州人は顔が濃い」じゃないですか?
福岡とかは意外とあっさり顔が多いですよ?

閲覧数:
3,310
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rig********さん

2017/1/622:28:16

↓NHKサイエンスZERO「日本人のルーツ発見!核DNAが解き明かす」
https://www.youtube.com/watch?v=oKGmG5hfANQ

↓NHKニュース「おはよう日本」
https://www.youtube.com/watch?v=srNuVtvFacE

↓「1人あたり約14万個所のDNA塩基多型を用いて日本人の集団構造を解明(2008年 理研)」
http://www.riken.jp/~/media/riken/pr/press/2008/20080926_1/20080926...

↑「ヒトゲノム中のSNP(単一塩基多型)による要素分析」は、実際の核DNAを使用し、ゲノム全体をカバーする1塩基多型(SNP)を使った解析です。ほとんどの日本人は「本土クラスター」「琉球クラスター」に入り、中国クラスタから離れる。僅かだが地域差あり。

↓本土日本人は、北海道から九州まで、多少の混血比率の違いはあっても、ほぼ同じ民族集団であることが証明されています。左上が「渡来系弥生人」の方向で、右下が「縄文人」の方向となり、近畿は多少「渡来系弥生人」の系統が強くなり、東北は多少「縄文人」の系統が強くなります(理研より)。

↓NHKサイエンスZERO「日本人のルーツ発見!核DNAが解き明かす」...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/1/13 16:19:33

勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2017/1/622:35:43

「東北や新潟は本来は縄文系だけど、寒冷地適応で一重で鼻の低いのっぺり顔が多いんですよ」←×

寒冷地適応は「自然選択」です。そんな短期間で容姿は変わりません。

【ベルクマンの法則】
温保持との関わりで、恒温動物は、常に体温を一定に保つために体内では常に熱を生産している。この熱は、筋運動やさまざまな代謝によって生み出される。他方、体表面からは熱が放出され、それを促進するためには発汗による気化熱が利用される。したがって体内での熱生産量はほぼ体重に比例し、放熱量はおおよそ体表面積に比例する。つまり放熱量は体長の2乗に、熱生産量は体長の3乗に比例する。これは、体長が大きくなるにつれて体重当たりの体表面積は小さくなることを意味する。いわゆる2乗3乗の法則の例の一つである。温暖な地域では体温を維持するためには放熱を十分に行う必要があるから体重当たりの体表面積は大きくなければならず、小型であるほうがよい。逆に寒冷な地域では放熱は簡単であり、むしろ体温を維持するためにはそれを抑える必要があり、そのためには大型であることが有利となる。

【アレンの法則】
恒温動物において、同じ種の個体、あるいは近縁のものでは、寒冷な地域に生息するものほど、耳、吻、首、足、尾などの突出部が短くなる」というものである。これも体温維持に関するもので、このような体の突出部は体表面積を大きくして放熱量を増やす効果がある。温暖な地域では、そのような部分の拡大は放熱量を増やすことで体温維持を容易にすることになる。逆に寒冷な地域ではその部分から体温を奪われるという点と共にそのような部分の体温を維持するのが困難なため、凍傷になりやすいという問題点がある。

↑そもそも、哺乳類の、数十万年における環境適応について述べたもので、人間について述べたものではない

iba********さん

2017/1/620:44:47

合ってない点を言うと、
関東など大都市圏は帰化人の割合が高い。
特に埼玉は帰化人を集めて住ませたところだ。
縄文系は酒が強いのではなく酒に弱い。
そもそも今の日本人は縄文系と弥生系の交じりでいずれか一方は残っていない。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる