ここから本文です

フェノール樹脂を作る際、酸触媒を加えるとノボラック、塩基触媒を加えるとレゾー...

chi********さん

2017/1/2210:20:13

フェノール樹脂を作る際、酸触媒を加えるとノボラック、塩基触媒を加えるとレゾールができると学びました。そしてその後、ノボラックは硬化剤をいれますが、レゾールは入れないと教科書に書いてあります。

ノボラックは固体の中間生成物、レゾールは液体の中間生成物なのだから、どちらかと言えば、レゾールが硬化剤が必要なのでは…?と考えてしまいます。

高校生にもわかりやすく説明お願いします。

閲覧数:
692
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ygg********さん

2017/1/2719:08:17

ノボラック樹脂はフェノール性水酸基を有しますが、それ同士では反応しないので、反応出来る相手(エポキシなど)が必要です。レゾール樹脂はメチロール基というそれ同士で反応出来る部分を持ちますので加熱するだけで硬化します。硬化というのは架橋して三次元の網目構造を作ることをいうのであり、液体か個体かを示すものではありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる