ここから本文です

カワサキのマッハ3、500SSを買おうと思っています。 このバイクはH1B...

h1_********さん

2017/1/2501:02:48

カワサキのマッハ3、500SSを買おうと思っています。

このバイクはH1Bまでの前期とH1D~H1Fまでの後期に大別されているようです。

前期のモデルの違いは大体わかるのですが、後期の3モデルの違いが良く分かりません。

詳しい方がいらっしゃいましたら、是非ご回答ください。

もう一点、前期と後期ではどちらが乗っていて楽しいですか?
また維持のしやすさの差はありますか?
実際に乗り比べた方、所有された方、ご教示願います。

ちなみに私は以前KH400、RD400などに乗っていた事があります。
宜しくお願い致します。

RD400,KH400,前期,後期,H1B,mach3_73さん,H1E

閲覧数:
2,754
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

Mach3:70~73さん

2017/1/2503:16:56

ご質問の後期モデルのH1D~H1Fの中でも、特にH1DとH1Eの区別が外観上では付きにくいですね。

機能上の違いは大きくは4点。

① エンジンがH1Eからラバーマウント化された。
② H1E以降、クランクケースにワンウェイチェックバルブが付いた。
③ CDIの改良変更。
④ マフラーの変更。これはKH500まで共通部品となります。

ただこれらは前述の様に外観からは分り辛い差ですね。

外観上で唯一区別が付きやすいのは、タンクのカワサキロゴのベースとなる部分がH1DよりH1Eが広くなっている事です。
質問者様が貼られた画像はH1E。下記画像が私の所有するH1D。
幅の違い(というより後の絞られ方が大きい)がお分かりになりますでしょうか。

ただし、これはタンクがオリジナルのままである事が条件となるのは当然ですが。

H1Fになると、その部分が先端が尖ったものに変更、更にテールカウルにも同様のラインが入ります。

更にH1Fはハンドルスイッチ類の変更。
またシートロックの形状も変わりました。

パワーはこの間の変更はありません。
一貫して59PSです。KH500になって52PSにダウンしました。


もう1点の質問の前期と後期の比較についてお答えします。
私は前述のH1D(1973年モデル)とH1(1970年モデル)とを所有しています。

面白さという面では大差ありませんが、車両重量が大きく異なるので(11㎏)、初期の方がヒラヒラと軽快に走れます。

本来ならばエンジンの性格も初期(前期)の方がピーキーなのですが、生産されて40年以上も経過した現在、1PSのパワー差も含めて(前期モデルは60PS)殆んど差を感じませんね。

それよりも大きな違いはフロントブレーキです。
前期も最終のH1Bはディスク化されていますが、H1,H1Aはドラムブレーキでかなり効きは甘いですね。
後期モデルも強力なストッピングパワーとまではいきませんが、必要十分に効きますので。

最後に維持のしやすさですが、これはもう個体差のレベルですね。

本来初期モデルのH1の中でも、最初期型の1969年モデルはかなり神経質なモデルでした。
しかし今となっては、その後のモデルのパーツに変更されたり、対策をされている物も多いので、これも個体差レベルと言っていいでしょう。

もちろん同じ条件であるなら、1969年の最初期H1と1975年のH1Fでは当然ながら、より新しいH1Fの方が維持しやすいとは思いますが。

何度も言いますが、これだけ年数がたてば個体差の方が大きいですね。
どのモデルにしろ、キッチリ整備の行き届いた車両を手に入れる事が最も大切だと思います。


過去にKH400やRD400に乗っておられたの事。
これらのモデルとは排気量の違い以上に、パフォーマンス差が大きく感じられます。

理由は限定解除免許制度ができた要因となった事故の多さ。
短絡的にバイクのパワーを落とせば事故が減ると考えられ、特に2ストバイクが骨抜きになっていきました。

併せて厳しい排ガス規制も堪えましたね。
1976年からこの傾向が顕著になっています。

KH,RD共に38PS。それに対し500SSは60or59PS。
この差はかなり大きいですよ。
2スト大排気量モデルらしい迫力があります。

ただやはり、遥か昔のバイクである事を念頭に置かれておく事ですね。
多大な期待をされると肩透かしを食らってしまうかもしれません。

ご健闘をお祈りします。


↓ 私のID、mach3_73の元となっている1973年式H1Dです。質問者様の貼られたH1Eとグラフィックの比較をしてみてください。

ご質問の後期モデルのH1D~H1Fの中でも、特にH1DとH1Eの区別が外観上では付きにくいですね。...

質問した人からのコメント

2017/1/27 23:09:24

mach3_73さんのプロフィールを見ました。
マッハを750から250まで4台も所有されてるなんてスゴイですね。
通りでお詳しいはずです。
是非参考にさせて頂きます。
また質問の際はよろしくお願いします。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2017/1/2701:56:51

いつもながらmach3_73さんのマッハ系に対する造詣の深さには感服いたします。
これ以上付け加える事も見当たりません。

敢えて言うなら、h1_ss_machさんはH1D~H1Fの違いを質問されているのであまり関係が無い回答ですが、H1~H1B(H1C)に比較すると重量が嵩む分、後期型はスタート時にトルクの薄さを感じます。

mach3_73さんの回答の様にエンジンだけで見た場合、前期型の方がピーキーなのですが、実際に乗ると逆転した感覚です。
極端な話、750に50のエンジンを載せたら非常に乗りにくいバイクになってしまう事と同じです。

ただどちらのモデルにせよ、伝説の様に語り継がれる3速でウィリーするだとか、交差点分ずっとウィリーしっぱなしなんて事は意識してやらない限りあり得ません。
新車時ですらそこまでのパワーはありませんので、mach3_73さんの文章を借りますが、過度な期待?をされると落胆が大きいと思いますので、そこの所はお気を付けを。

いつもながらmach3_73さんのマッハ系に対する造詣の深さには感服いたします。...

rid********さん

2017/1/2515:20:10

初期型は500台くらい国内に出たと聞いています(当時のカワサキオートバイから)そして、殆どが止まれずにフロントフォークを曲げたそうです。
まあ、W1のドラムブレーキですから、リーディングトレーリング式の調整が難しく、普通はスンナリ止まる訳が有りません。

初期型の方が如何にもマッハですけど、、、、。
現在国内にあるのは多くが米国からの里帰り。
それなりに手が入って、パーツも入り繰りしている。
余程キチットしていないと、後からお金が掛かります。

当時CB750と後から出た750RSと暴走仲間が持っていたので毎夜毎夜乗り換えて走りましたが、、、、
マッハは交差点の向こうに行くまでにフロントが浮くので走りにくかったですね。
CBは1速全開で85kmまで引っ張れて良かったのですが、
車の間を縫って走るのにはZでした。ヒラヒラし易かったですね。

今となっては、どうせポンコツ。
今でもその時に自分が乗って居たW1Sが2台有ります。
W1Sの直管って、良い音でした、、、、。

kok********さん

2017/1/2514:52:12

前期のドラムは友人が乗ってたが すさまじいカックンブレーキなんで注意がいる。甘いんで握っていくといきなりロックする。友人はそれでこけて骨折ったw

2017/1/2512:57:47

Dの点火系はH2と互換性があるため、オススメです。

re2********さん

2017/1/2501:39:23

enjo1958さん、

>うる覚えですが、パワーダウンした記憶が有ります。

うる覚えなんて日本語は無いよ。

これを正に「うろ覚え」での失敗ってヤツなんだろうね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる