ここから本文です

どんなに腹が立っても見下されても、自分はその人を尊重しなければと思ってしまい...

アバター

ID非公開さん

2017/2/315:42:49

どんなに腹が立っても見下されても、自分はその人を尊重しなければと思ってしまい、しんどいです。

バカバカしいですが、したくなくてもそうなってしまいます。
そのおかげでよく平気で傷つくことや見下されたことを言われます。
です。
したくなくてもそうしてしまうので、なにかにコントロールされてるようにも感じます

どうしたら直りますか?
ほんとに生きる意味がわからず早く消えたいです。

閲覧数:
72
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2017/2/321:34:11

もし本当にあなたがた相手を尊重しなければとどんな時にも出来ているのならそれは素晴らしい事なのでは無いでしょうか? だってそれはもう解脱して悟った方の如きですよ。 だからこそ思ってしまうのですが、あなたの説明しているあなたの状態とは、何か、何かが違いませんか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/2/9 22:11:36

皆様ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pap********さん

2017/2/320:59:17

大丈夫?仕事や勉強で1番になれば態度が変わると思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

n2q********さん

2017/2/320:57:22

『どうしたら直りますか?』


捉え方を変えます。

「どんなに腹が立っても」とのこと。何故ですか?腹を立てる理由が何かです。


『傷つくことや見下されたことを言われます』

事実でしょうか。それとも事実に反することでしょうか。

(1)事実

じゃ、しょうがないです。事実を言ってるだけ。とはいえ、事実の指摘程 harsh (無慈悲)なものは無いかも。

でもね、敢えてそれを指摘してるという実態があります。何かの理由があるのでしょう。それを模索することが求められます。だから、腹を立ててる場合じゃないのですよ。


(2)事実じゃない

表現なのですよ。各自の表現。事実への関連性はあります。けど、事実そのものじゃないんですよね。結構違ってたりします。

まぁ、表現の自由です。

これもやっぱり同じで、あえてそうした表現になってることの意味を考えたいかも。それが事実じゃないって反論しても埒が明かないですからね。それよりも表現の意図を知りたいところです。


ですからね、無慈悲な事実の指摘であるのか、それとも事実と乖離した独特の表現なのか、いずれにしろその意図を知りたい。


どうにかして傷つけたいという意図でしょうか。でも、傷つけてどうするの?その先も考えたい。

見下すというのは、自己の優位性を確認したいということだと思う。それだけその人の優位性が危ういのではないかな。考えようによっては気の毒です。


そうやって考えたら腹は立ちません。


『自分はその人を尊重しなければと思ってしまい、しんどいです』


「尊重しなければ」というよりも、言ってる内容を真正面から受け留めて、その意図を探る努力が必要だと思う。

受け流してませんか?

それでいて「尊重しなければ」…だとすると、そりゃ「しんどいです」というのも頷けます。


『なにかにコントロールされてるようにも感じます』

だとします。だとして、コントールしてどうするの?

堂々巡りです。

訴えているのですよ。何かを言ってるのです。何かを求めてるのですよ。それを受け留めないとね。

oni********さん

2017/2/319:02:20

いや素晴らしいことだと思いますし、治す必要は無いでしょう。

しかしストレスが溜まりやすいのは事実なので、その解消方法を見つければ良いのです。
何か熱中できるものを見つけましょう。

itu********さん

2017/2/316:41:26

失礼ながら、共依存(きょういぞん)ではないでしょうか。

共依存の人は、視点が「相手の願い」にフォーカスされます。
相手の望むように行動しようとするし、発言しようとします。

視点を「自分の願い」に持ってくることです。
簡単ではありませんが、繰り返し練習していくことです。

誰に対しても「相手の願い」にフォーカスされるわけではないと思います。
「人との距離が取れない支配的な人」(実はしつけをされていない人。元気がいいタイプ)に対して、そうなりやすいです。

質問者様が悪いというわけではなくて、育ち方です。
親が子育てがうまくない人だったのです。
親もまた、うまくない子育てで育った人です。
ですから、誰が悪いというわけでもありません。

「あなたのためなら死んでもいいわ」水澤都加佐著は、お勧めです。

人との境界線(バウンダリー)についても読んでみると、わかってくると思います。

genさん

2017/2/316:37:26

そう考えるなら、まず自分を見下したりする人を越えて上に行けるかどうかです、その意欲があればやるべしで無ければ見下される人生で終わりです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる