ここから本文です

マッサージ屋さん

milkychocolate103さん

2008/6/819:18:27

マッサージ屋さん

慢性的な肩こりなので、よくマッサージ屋さんに行きます。

どこのお店に行っても左肩を先に揉んでくれます。
でも今日の人は右からで。
いつも気にしてなかったんですが、逆だとなんだかいつもと違う感じがしました、
マッサージ屋さんの常識として、どっちから先に揉むとか決まってるんですか?

あとどこに行っても、最後はパコパコって叩きますよね。
あれはどんな意味があるんですか?

閲覧数:
1,944
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

airton3822さん

2008/6/822:47:16

>マッサージ屋さんの常識として、どっちから先に揉むとか決まってるんですか?
マッサージ屋の常識というよりは、個人の癖というか流れというか…ちなみに私は普通は右肩からですね。

東洋医学の言葉で、「病右にあるときは左に取り、左にあるときは右に取り…」というものがあり、右肩の凝りの方が強いと思う時には左肩から始めることもあります。

そうすると、左肩を揉んだだけで右肩がある程度ほぐれたりするんです。その後に右肩を揉むとよりほぐれるんです。場合により使い分けをします。

>あとどこに行っても、最後はパコパコって叩きますよね。
>あれはどんな意味があるんですか?

パコパコですね。^^はい、叩打法といいます。

作用としては断続刺激がリズミカルに作用するので筋、神経の興奮性を高め、血行をよくし、機能を亢進させます。また、術の最後であることを患者さんに知らせる意味や、揉み帰しの予防という目的もあります。眠ってしまわれた患者さんに気持ちよく目覚めてもらうという効果もありますね。

身体の表面を術者の手指ですばやく打ち、叩きます。力が深部に達するような叩き方は避け、関節を滑らかに動かして弾力をつけて左右の手で交互に叩くことが重要です。

手拳打法
軽く握った拳で叩く手技。
切打法
開いた手の小指側の縁で叩く手技。多くの場合、両手を交互に動かしてほぼ同一の部位に行います。
指頭叩打法
四指の指頭で叩く手技。頭部などに用います。
合掌打法
両手掌を合わせ、その小指側の縁で叩く手技。肩上部などで用います。
含気打法
左右の手掌を交差してあわせ、中に空気を蓄えるようにして一方の手背で叩く手技。肩上部などで用います。

〔鍼灸マッサージ師〕

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。