ここから本文です

直列回路の時の電圧についてですが、間に抵抗が一つあるとすると 抵抗出口では...

ken********さん

2017/2/1119:12:37

直列回路の時の電圧についてですが、間に抵抗が一つあるとすると

抵抗出口では何故0Vになるのでしょうか?

直列回路の時には電圧は1週する間に電圧を使い切ると聞きましたが、何故完全に使い切っていると言えるのでしょうか?

閲覧数:
44
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ymd********さん

2017/2/1323:44:49

回路の電圧は、キルヒホッフの電圧則にしたがうためです。

電源の端子を端子1、端子2とし、端子2から端子1をの向きに測った電源の電圧をV(電源)12とします。抵抗の電圧を端子2から端子1(電源の端子とくっついていますので同じです)に測ったものをV(抵抗)12とします。キルヒホッフの電圧則によると、

V(電源)12+(ーV(抵抗)12)=0 ーーー(1)

です。この式が0となることが、D非公開さんの「使い切る」の意味ですよね。
この式から、

V(電源)12=V(抵抗)12 ーーー(2)

です。この式は「抵抗に電圧をかけると、その電圧が抵抗にかかる」(これがこの回路におけるキルヒホッフの電圧則)ことを意味します。
もし、(1)式の右辺が0以外の値(「使い切っていない」)だと、どういうことになりますか。(2)が成り立ちません。かけたはずの電圧が足りない!、あるいは、かかりすぎている!ということになる。
完全に使い切ってくれないと困るでしょ。

以上の話しは、回路素子がなんであって(コイルでもコンデンサでもスイッチでも)も成り立ちますので、この質問に、オーム則は関係ありません。

キルヒホッフの2つの法則はそれぞれ、電流、電圧の定義みたいなものです。この2法則をしっかり理解してはじめて、電流、電圧というものを正しくイメージできるようになります。
電気回路の基本はキルヒホッフの2つの法則です。しっかり勉強してください。

質問した人からのコメント

2017/2/18 08:39:23

回答ありがとうございます!

納得出来ました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる