ここから本文です

だいぶ前、竹内教授がテレビで、「第二宇宙速度(だったかな)以上でないと地球の...

リトルジョンこっちださん

2008/6/1016:22:03

だいぶ前、竹内教授がテレビで、「第二宇宙速度(だったかな)以上でないと地球の軌道外へは
出ることができない」と言っていたのですが、別に物理的な壁があるわけでもないのにどうしてですか。

上空にドンドン上昇していくと大気も薄くなって、重力も弱くなっていくいように思いますが。
航空機が高度を上げていってもそのまま宇宙へは行けないのですか。

閲覧数:
501
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rik********さん

2008/6/1016:54:56

おっしゃるとおりですね。
でも、現在の技術では人工衛星(スペースシャトルを含む)はロケットでロケットスタートして第一宇宙速度(秒速7.9Km)を得るまで加速して、その後は慣性(惰性)で加速なしでぐるぐる回り続ける(落ち続ける)技術しかありません。空気抵抗の無いところで 遠心力=引力 になるような運動をさせるのです。
なので、今の宇宙飛行士はG(加速度、大きいと失神する)に耐えられないとダメです。
竹内教授がおっしゃっているのは「現代の(その当時も今と変わらない)技術では」ということでしょう。

でも近い将来には宇宙旅行は訓練無し(した方がいいけど)で行けるようになると聞きますよね。それは飛行機型の宇宙船「スペースプレーン」で行くみたいですよ。空気があるところは飛行機のしくみ、空気が無いところではロケットのしくみで飛ぶようです。
「新型飛行機スペースプレーン 羽田から宇宙へ」http://www.liveinspace.net/tospace/
これでも燃料を節約するために軌道を回らなければ無理ですよ。

現在は戦闘機で成層圏まで行くツアーがあります。http://www.mercadotour.jp/rossia/rossiamig.htm

質問した人からのコメント

2008/6/11 08:58:41

驚く ものすごい速度が必要なのですね。
ありがとございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zmp********さん

2008/6/1021:08:24

第二宇宙速度以下だったら、遠くまでいっても、時間はかかっても、結局地球に戻ってきてしまいます。
戻ってこない速さが、第2宇宙速度(11.2km/秒)です。

ちなみに、太陽の引力を振り切って、太陽系外にでるには第3宇宙速度(16.7km/秒)が必要です。
パイオニアやボイジャーはこれ以上の速度を持っていますので、太陽系外に出ていけます。

万有引力に対する、力学的壁です。

tou********さん

2008/6/1020:11:17

初速だけで後は惰性で移動する場合の話です。その後加速できる場合は関係ありません。

bwd********さん

2008/6/1016:28:30

大気と重力は関係ありません。

大気がない星でも、重力が強い星はあるでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる