ここから本文です

『特定元方事業者の事業開始報告』についての質問です。

hin********さん

2017/2/2516:46:38

『特定元方事業者の事業開始報告』についての質問です。

建築工事で常時労働者数50人未満の場合は、『統括安全衛生責任者』及び『元方安全衛生管理者』は選任不要で、20人以上50人未満で、S造又はSRC造の場合、『店社安全衛生管理者』を選任するとあります。
では常時30人でRC造の場合は、『統括安全衛生責任者』、『元方安全衛生管理者』、『店社安全衛生管理者』全て不要ということでしょうか?
特定元方事業者の事業開始報告には全て記載は不要でしょうか?

閲覧数:
3,426
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jin********さん

編集あり2017/2/2717:52:23

選任の義務はありませんが、選任したときの仕事はしなければいけませんし、「職務を行う者」として実施者の氏名を記入するようなので、最初に統括安全衛生責任者などの仕事をする工事担当者(主任技術者など)の氏名を記入してから提出してます。

○統括安全衛生責任者又は“統括安全衛生責任者の職務を行う者”の選任
○元方安全衛生管理者又は“元方安全衛生管理者の職務を行う者”の選任


◎特定元方事業者の事業開始報告
http://shinsei.e-gov.go.jp/search/servlet/Procedure?CLASSNAME=GTAEG...


◎労働安全衛生法の施行について(抜粋)
(昭和47年09月18日付け発基第91号)
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/index.html

特定元方事業者等の義務

この法律(=労働安全衛生法)においては、特定元方事業者(=同じ場所で行う建設の仕事で下請を使用する元請業者)等の義務として、新たに下請事業が行なう安全衛生教育についての指導援助が加えられるとともに、従来、労働者の総計が五〇人以上である場合(=労働安全衛生法第15条の規定)に設けるべきものとされていた協議組織が、当該労働者の総計がそれ以下である場合にも設置すべき(=労働安全衛生法第30条の規定)ものとされたものであること。

なお、この法律に基づいて特定元方事業者等が講ずべき統括安全衛生管理の業務は、当該場所における労働者の総計が五〇人以上である場合には、総括安全衛生責任者に総括管理させなければならないことはもちろんであること。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる