ここから本文です

どうして、桃の節句・ひなまつりは祝日にならないんですか?端午の節句・こどもの...

bio********さん

2017/3/313:04:03

どうして、桃の節句・ひなまつりは祝日にならないんですか?端午の節句・こどもの日は、祝日ですよね。

山の日つくれたなら、ひなまつりも祝日にできるんじゃないかと思うのですが、みなさま、どうですか?

今年のひなまつりは、平日のしかも金曜日。
働く親には、えっこんなんで終わりになっちゃうの?というような、盛り上がり不足のまま終わってしまうような感じ、ありませんか?

端午の節句は、祝日でいいですよね。うらやましい。
端午の節句はGWの最中だから特別感がありますが、桃の節句は平日でささっと済まされてしまう。
とても不公平な気がします。

閲覧数:
52
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/3/721:12:28

5月5日の祝日はあくまでも「こどもの日」であって「端午の節句」という祝日ではありませんので!
祝日の内容・種類でない「端午の節句」に偶然「こどもの日」という祝日が同じ日にダブってるだけなので!
おかげで「端午の節句」が隠されてる、目立たなくされてるようで不快だ!
こどもの日と端午の節句は別の日にしてほしい!

  • 質問者

    bio********さん

    2017/3/812:33:34

    男の子サイドからの意見が聞けて嬉しいです
    端午の節句が隠されている。確かにそうですね!


    ぜひ、子どもの日を別日に引越ししてもらいたいです。
    もしくは、子どもの日を撤廃して、端午の節句と桃の節句として定着させるか。

    今のままだと、男の子サイドからも女の子サイドからも、お互いに不平等だ!ってなっちゃいますね

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yom********さん

2017/3/313:21:56

署名運動をして
大勢に記入して貰い30万人程
提出すれば或は

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2017/3/313:11:20

江戸時代には桃の節句も祝日とされていたそうですが、
明治6年、新暦が採用された際、五節句の祝日が廃止されてしまい、
桃の節句(3/3)も端午の節句(5/5)も祝日ではなくなってしまいました。

しかし、戦後になり新しい時代に新しい祝日を作ろうということになった時、
国民にアンケートが行われました。
その時には3月3日と5月5日を共に祝日にしようという声がありました。

しかし、最終的に1948年に祝日法が施行され5月5日が
男女に関係なく【こどもの日】として制定されました。
この日になったのは、日本が全国的に暖かくなるという理由もあったようです。

日本の祝日は【国民の祝日に関する法律】によって定められており、
そこには、それぞれの祝日が制定された理由が明記されています。

ちなみに「こどもの日」は
【こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する】
ための祝日とされており、男児のための祝日というわけではなく、
男女問わず子供たちのための祝日とされています。


だから不公平とかそういうことではないのですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる