ここから本文です

硬化前の熱硬化性樹脂の中に、10~50ミクロン程度の金属粒子を入れて加熱すると、...

kur********さん

2017/3/319:02:32

硬化前の熱硬化性樹脂の中に、10~50ミクロン程度の金属粒子を入れて加熱すると、樹脂が流動し始めるのと同時に、金属粒子が寄り集まったり、数珠の様に繋がったりするの確認できるのですが、これは何故なのでしょう

か?どのような力が働くのでしょうか?
以前、液体の表面張力によるものとお答え頂きましたが、もしそうであれば、ちょっと詳しく教えて頂けないでしょうか?よろしくお願いいたします。
また、他の意見もありましたら、お教えいただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
32
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oma********さん

2017/3/319:30:06

高分子が硬化剤(架橋剤)で硬化するとき、金属は排除されるので、金属同志が集まっているのでしょう。
加えた金属は反応、結合している分けではありません。混ざっているだけですから、邪魔ものなのです。

  • 質問者

    kur********さん

    2017/3/319:55:53

    早速のお返事ありがとうございます。粒子が特に数珠状に繋がったりしているのですが、これも、金属が排除されたことと説明がつくのでしょうか?当方は、専門外なもので、誠にお手数ですが、分かりやすく教えて頂けないでしょうか?よろしくお願いいたします。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる