ここから本文です

民事で尋問法廷対策を検討途上 ―――――――――――― 民事尋問技術(加藤著書)」が図...

アバター

ID非公開さん

2017/3/404:28:38

民事で尋問法廷対策を検討途上
――――――――――――

民事尋問技術(加藤著書)」が図書館で借用して読み始めたところです。

この本は、民事訴訟の大御所の重度難関な事件訴訟も視野に置いた専門エリアに見受けますが

質問者は本人訴訟で現在は、
相続問題・遺言書無効・強迫による相続欠格の訴訟の被告です。
準備書面での主張も書証提出も万全に進んで、
争点整理の法廷が終わって、次回は尋問法廷という時期になっています。

質問はー
その尋問法廷をにらんだ弁護士代理人の受任を検討すべきか・・・
尋問法廷の陳述書の用意期間が1カ月程度になって、上記のような相続問題で今さら、弁護士代理人では進行上の妨げになるように思われました
どうでしょうか?

閲覧数:
27
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pot********さん

2017/3/409:49:10

証人尋問・当事者尋問だけ受任する弁護士はいない。

アバター

質問した人からのコメント

2017/3/6 06:02:46

他に回答選択のしょうがなく終止符のためBAとし
参考にします

法律で決められているのか
全容の把握が大変だからか
大した収入にならないからか
何が何だかわかりません。

質問しながら、個々に当たっていたら市中の弁護士に
○十万円で尋問法廷だけを受任する弁護士さんがおられました

以上、エヘン虫まで

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる