ここから本文です

JR北海道が危機的状況の原因は札幌以外に大都市がないからですか?

hg1218_chanさん

2017/3/518:39:11

JR北海道が危機的状況の原因は札幌以外に大都市がないからですか?

閲覧数:
353
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yu9sh191025さん

2017/3/518:56:19

当然ながら、それが大きな理由の一つです。
札幌市は人口200万人に達する勢いの都市。第二の都市である旭川で人口30万人程度。函館は30万人切ったかな。帯広、釧路は20万人規模。
石勝線の高速化で札幌~帯広、釧路のシェアを航空機から奪ったが、人口規模からそのパイはたかだか知れています。また、高速バスも台頭してきた。
高速バスは道路の整備費は不要ですけど、鉄道はそうはいかない。

質問した人からのコメント

2017/3/12 09:52:13

皆さんありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/3/1018:42:00

札幌以外でも、ど田舎しかない、それは他の都市でも同じ、周辺地域はど田舎しかない、そしてJR北海道の料金が異常に高すぎる、
格安バスの台頭により、鉄道に乗るメリットがない、
しかし一番の問題は民営化が全くされず、今だに国営の企業として営業している点だ、独立行政法人が100%のJR北海道の株を保有している、日の丸親方の政府、JR北海道には危機的状態という事が一切理解していない、赤字になっても我々の税金で赤字を穴埋め,JR東日本の山の手線乗れば乗務員の質の高さがわかりますよ、運転手、乗務員のその凄さがわかりますよ、JR北海道なんて札幌駅の乗客数すら、東京足立区の綾瀬駅の足元にも及びません、その札幌すらその程度なので、国営の企業として営業したいとやっていけませんね

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nimaigeriさん

2017/3/607:06:46

北海道民です。
大都市がないというよりは、都市と都市の間隔が離れすぎていて、日常的な需要が少ないという点です。
札幌圏を除いては、JRで通勤している社会人は僅かです。職場から近い場所に自宅を構えることが容易であり、しかも自家用車での通勤が可能な職場が多いため、わざわざ鉄道を使って通勤することがありません。
そのため札幌以外の地方都市でのJR利用客の多くは通学の高校生であり、あとは出張や観光で鉄道を利用する人がいる程度です。

編集あり2017/3/522:31:32

釧路・夕張・留萌などの産炭地や室蘭などの企業城下町が産業構造改革に失敗して、札幌圏諸市や旭川だけが肥大化し、札旭間以外の鉄道交通流が育つ環境にないからです。

大前研一氏は、北海道に本州より1〜2時間早い時差を設けて、東京市場より早く開く金融市場を北海道に創設すべきと20世紀中に提言していました。

在宅勤務とまでいかなくても、猛暑はバカンスを取るか、猛暑に北海道の冷涼地で出仕事をするといったことができれば、北海道の存在がかなり見直されると思うのですがね。

2017/3/520:18:37

そもそもクルマ社会の北海道地方に、国が高速自動車道をバンバン造っていることが最大の不幸です。此れでは流石に、地元民でも鉄道を利用しません。

kirikiribitoさん

2017/3/519:35:48

東京圏の人々が 他起動を搾取するから 産業も住民も劣化して、鉄道を利用しなくなったからです。

東京圏の人々から 混雑や総合交通税を徴収して北海道の自治体に寄贈し、jr
北海道の支援に供するシステムを構築しましょう

1年で500億円というとおおきいようですが、東京圏の人々が一回、大きな駅を利用するたびに10円、負担すれば賄えます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。