ここから本文です

弓道の審査について 先日審査が行われました 他のお子さんは、弓道を始めて2年で...

アバター

ID非公開さん

2017/3/710:11:52

弓道の審査について
先日審査が行われました
他のお子さんは、弓道を始めて2年ですがみんな1級を取得しました
我が子は1級を2回も落ちてしまいました
部活で弓道をしていますが、週3日練習

がありみんな参加していました
1日1時間から1時間半の練習です

言い訳にしかなりませんが、我が子は、生徒会に入っていて生徒会の活動があり、週1日しか練習に参加できていません
仕方なく、道場を借りて練習をしようと思ったら
1人での練習は意味がない
先生方がきちっと見て、いけないところを注意してくれるので見てくれる人がいないと練習にはならないと言われました
また、1人での練習だと変な癖が付いたり肩を痛めるのでしない方がいいとも言われました
なんとかみんなと足並みを揃えたいのですが、よいアドバイスはありますか?
我が子は中学生です

閲覧数:
586
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2017/3/823:17:40

他の方々が受かるための事を回答しているので私は気持ち面でのアドバイスを^^
確かに皆んなと実力を揃えたいと思うのが普通であります。でも弓道に限らず武道というものは“道”という漢字があるようにとても長い道のりです。
どんなに皆んなに置いて行かれても、地道にゆっくりでも進む事が大事です。
その心構えがあれば、挫けずにしっかりと歩んでいけます。
私も弓道を極めている者として応援します!

アバター

質問した人からのコメント

2017/3/10 18:28:01

rinsyukonさんと悩みましたが、今の子供には一番届いたのでyoshikipon_1030さんを選ばせていただきます。おっしゃる通り、弓道は道です。これからも続けると言ってくれました。
確かに長い道です。でも、焦らず自分のペースで前に進む。何度もつまずくことがあると思う。その時は、教えてくれたことを思い出します!と言っています。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rinsyukonさん

2017/3/715:02:57

審査規程での1級の審査基準をご存知ですか?
「射の体型(射型)及び体配が概ね適正であると認められる者」とあります。1級から初めて審査基準に「体配」が出てきます。これ以降の審査は体配がきちんとできていて当たり前になります。

さて、週1回の練習で体配がきちんと身につけられたのでしょうか?
弓道の審査はただ単に弓が引ければ良いというものではありません。入場から退場までの所作(体配)がすべて判断材料となります。
推測ですが体配の習得不足と判断されたのでしょう。今のままでは永久に同じことだと思いますよ。

初心者に一人練習がダメというのは悪癖が付きやすくなるのはもちろんのことですが、だれも体配を見てくれないということです。
また体配には前後の人との間合いも含まれます。一人練習では決して習得できないことですね。

皆と足並みをそろえるには皆と同じもしくはそれ以上の練習をするしかありません。
生徒会活動で忙しいのは分かりますが、人より少ない練習量で人と同じ結果を望む術はありません。
時間をやりくりして練習時間を増やす以外に解決策はないと思います。

2017/3/713:33:49

本人は2級から進級できなかったことについて どう考えてるのでしょうか。
弓道を高校生から始める人が多いのですから 今中学生ならば焦ることはないと思います。
中学の部活に親が熱くなるのは 本人には不本意ではないでしょうか。
中学生が一人で道場で練習するのは問題です。顧問の先生が見てないいところでの練習は危険です。
よそのお子さんよりも遅れをとってるのは 腹立たしいと考えてるのでしょうか。どんな競技でも向き不向きはあります。今は学校の勉強や生徒会活動を優先すべきではないでしょうか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

ID非公開さん

2017/3/713:13:22

週1日、しかも1時間から1時間半の練習はとても少ないです。
それでは1級に合格出来なくても仕方ないでしょう。
また、自主練習は初級者の場合は良く無いのはご承知の通りです。

私も子を持つ親ですので気になったのですが、お子さんはどのようにお考えなのですか?
私は時折弓道経験者という立場でここで回答をしていますが、中学生の弓道部員の方の質問も結構多いです。
お子さんが自分の意思で現状について不満を持っていて、解決方法を探るために質問をされているのなら分かりますが、もしお子さんの意思とは関係なく親御さんが「なんとかみんなと足並みを揃えたい」と思っておられるのなら、全く持って余計なお世話だと思います。

お子さんなりに勉強と生徒会と部活をそれぞれ頑張っている。
それで良いのではないでしょうか?

お子さんが弓道を続けていきたいと思えば、高校でも大学でも社会人になっても出来る事です。
高校に入れば多少の差と言うものは全く関係有りません。
中学から始めた人よりも高校で始めた人の方がうまくなるなんて事もざらです。

親御さんの立場だと心配に思われる事も多いと思いますが、見守ってあげる事も大切なのではないでしょうか。

余談ですが、私の子供は中学でバスケをやっています。
ですがバスケの世界は小学校の頃からミニバスをやっていた子の方がやはり上手で、私の子供もそれなりに頑張ってはいますがスタメンにはなれません。
でも別に他の子よりうまくなるためにどうしたら良いかと言う事は私は全く考えません。
それは子供自信が考えるべき事だからだと思っているからです。

小学生までは全て親が面倒をみなければですが、中学になったらある程度は任せてあげる事も必要だと思います。
それが子供の自立につながると思います。

全てを満足にしようと思っても無理です。
子供も疲れてしまいます。
見守っていて、子供の方から相談してきたらアドバイスしてあげる。
それで良いと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2017/3/711:57:23

1級なんて審査そもそも受けなくていいと思いますよ。高校生以上になれば1級なんて飛ばして最初から初段をとりにいきますから、1級の審査なんてやらなくてもいいものです。

それに、知っている人に7段とかけっこう高段者で錬士とか称号も持った人がいましたけど、「みんなであいつのことシカトしようぜ」とか「最近は体罰ができなくなって残念」とか言い出すゴミみたいな人間でしたよ。つまり弓道協会から段位を認許されたからと言ってそれにたいした価値はありません。例え一級審査に落ちたとしても生徒会で頑張るそのお子さんの方が7段の大人よりずっと立派です。


一応、社会人が個人で弓道をやろうと思った場合には、道場によっては安全のための利用制限で初段以上の人じゃないと使用不可と言う所もあるので、ゆくゆくは初段は持っておいた方がいいかもしれないけど、それはずっと先の話、大学を卒業してからでもいいんですから。中学生で審査なんて受けなくて良いと思います。


時間は有限ですから優先順位を考えて、弓道部の方が生徒会より優先順位が高いと言うなら生徒会の活動を控えれば良いし、生徒会の方が優先順位が高いのなら、その結果として部活動の時間が減って同級生と差がついたとしてもそれは仕方が無いことです。その分他のことを頑張っているのだから悪いことではありません。

そもそも部活は「勉強とかやることやって、それでも時間が余っているからせっかくだし勉強以外の文化的活動でもしておくか」とオマケでやることですから、出来る範囲で頑張ればいいものであって、無理してまでやるほど重要な物ではありません。

それに高校から始める人の方が世の中多いんだし、それに比べれば週一日でも早めに始めてたって言うのは十分利点になるのでは?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

momo_nassyiさん

2017/3/710:52:24

足並みを揃えるとは何でしょうか?
お子さんは弓道以外の活動をしっかりつもめているために弓道が同級生より遅れている。そのことは少しも恥ずかしいことではありませんよ。お子さんが気に病んでいるなら親であるあなたがしっかり励ましてあげてください。

そして弓道は初心のうちの一人稽古はマイナスにしかならないのは事実です。部活以外に地元の弓道会(学生から高齢者まで)に入って指導者に習うことも可能ですが、複数の指導者に習うことは初心者には混乱の元で、特に中高生のうちは却ってよくないでしょう。

わたしは中学生の弓道はまったく知りませんが(大学から始め、すでに中年)、高校1年くらいの子たちを見て思うことは、身体がぐらぐらする子が多いことです。審査会では立ったり坐ったり歩いたりの動作、立っている坐っているときの姿勢に重きが置かれます。
弓道の技術的なところの一人稽古は勧められませんが、姿勢を正しくするためのトレーニングをしてはいかがでしょう。それはジョギングでも縄跳びでもほかのスポーツでもいいと思います。

一番大切なのは、生徒会で頑張っているのだから弓道で遅れても恥じることはない、という気持ちですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。