税務署に行って税金のことを相談に乗ってくれるのか と思いきや ただ、紙を渡されて、「申告をしてしてください」 とだけ言われたのですが、どうすればよいのでしょうか?

税務署に行って税金のことを相談に乗ってくれるのか と思いきや ただ、紙を渡されて、「申告をしてしてください」 とだけ言われたのですが、どうすればよいのでしょうか? 60~70歳代の田舎の税務署員の人たちに PPCアフィリエイトやAmazonせどり転売 FⅩの売買ツールや海外オークションのことを話ても 何も理解してもらえませんでした。

税金712閲覧

ベストアンサー

0

個別の話は、税務署では難しいかもしれませんね。 関係する所得についてのパンフレットをくれるくらいではないでしょうか。それに、今は時期が悪いですね。 個別の話は、やはり、有料で税理士に相談することでしょう。 でも、税理士も今の時期は手一杯で、書類が整っていても責任問題があるので、15日までの申告では引き受けないかもしれませんね。そのような場合は、とりあえず、独学で申告しておくことでしょう。

その他の回答(6件)

0

税務署は税金を取り立てるのが仕事なので、相談に乗ってくれるところではない! (そういう建前で納税者が逃げないように、引き付けるだけw) 自分が勉強して納税額を少しでも減らそうと考えないとダメですよw まず、あなたが理解しなさい!。^^

0

税務署に電話したら、ナビダイヤルで相談室に繋いでくれるからそこで一つづつ聞いたほうが無難と思います。 税理士がだいたい答えてるみたいなので。

0

多分白色申告だと思いますが、 大まかに仕入れ、経費、売り上げで 自分でノートに線を引いて月ごとにまとめてから 税務署で相談すれば書き方は教えてくれると思います。 経費はネットを使うならその費用、ツールなど有料な物なら それも経費になります。 ボールペンを使うために買ったなら消耗費、 仕事で使う本なら新聞図書費など、とにかく領収書で 残っている物は書き出して種類ごとにまとめておき 合計金額を出しておきます。 売り上げもヤフオクなら売り上げとは別に利用料は経費、 アマゾンマケプレなら差し引かれた金額が入金されるので そのまま売り上げに、自宅発送なら送料を経費にします。 税理士や署員にはインターネットで通販をしているくらい ざっくりとした事だけ言えばいいです。 要は仕入れ、経費を引いていくら利益があるかが 分かればいいし、向こうも細かい事は別に聞く必要ない と思います。 細かくはもっと色々ありますが、要は真面目に申告しようと する姿勢が大事なので、少々雑でも通ります。

0

税務署員は60で定年ですよ。 それと、私はプロフィール記載のヤバい仕事で仕入れをして、ヤフオクで売って莫大な利益出してます。(参考までに)

0

60〜70歳代なら、税務署員でなく 優秀でない田舎の税理士だよ(笑)