ここから本文です

木から出たシイタケと、ヌカとおがくずのシイタケは美味しさは違いますか。 ヌカ...

dywgb533さん

2017/3/918:06:10

木から出たシイタケと、ヌカとおがくずのシイタケは美味しさは違いますか。
ヌカとオガクズのシイタケは直ぐに菌が回るので、盛んに養殖されているのですか。

設備が整っていれば、簡単で安くシイタケを沢山作ることが出来るのでしょうか。
逆に、木のしいたけは、秋と春しか出ないのでしょうか。

閲覧数:
33
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

txr002_03さん

2017/3/1017:07:19

もちろん「全く別の味がする」と言うほどは違いませんが、食べ比べると違いがわかるくらいは違います(まあ味音痴で何を食べても違いがわからない人にはわかりませんがw)。

>設備が整っていれば、簡単で安くシイタケを沢山作ることが出来るのでしょうか。

菌床栽培の方が一般に安いのは原木栽培よりコストがかからないからです。

>逆に、木のしいたけは、秋と春しか出ないのでしょうか。

原木であろうと菌床であろうと、キノコが発生する条件は同じです。主に気温に影響されますので、どちらも同じような気温、湿度で管理すれば同じ時期に出てきます。
なので原木栽培でも温度管理をしているのでほぼ一年中出荷されています。

原木栽培が高い一つの要因は原木そのものが高いと言うこと。原木栽培には10センチほどの太さが必要ですが、そこまで木が育つのには長い年月がかかり、細い枝は使えません。菌床栽培の方はかなり細い枝でもくだいてしまうので無駄なく使えますし、ある程度調整すれば多くの雑木でも栽培可能です。なので菌床の方が安くできます。
もちろん他にもコストがかかる要素はいろいろありますけどね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kanmaesaikoさん

2017/3/1016:05:57

木から出たシイタケと、ヌカとおがくずのシイタケは美味しさは違うと言われています。

2017/3/1000:06:11

これは「原木栽培」と「菌床栽培」の事だね。
もちろん、原木栽培の椎茸の方がおいしいです。
が、栽培に手間がかかるので、最近は「菌床栽培」が中心になっています。
菌床栽培は「施設」での栽培が出来るが、原木栽培ではそれが出来ない。
なので、菌床栽培の椎茸は1年中出回るが、原木栽培は秋から春にしか出回りません。
冬も、ビニールハウスに入れればできます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。