ここから本文です

直角三角形ABCを考える。角Cが直角AC=3 BC=4

chi********さん

2017/3/1003:27:19

直角三角形ABCを考える。角Cが直角AC=3 BC=4

とすると、角Aを二等分する直線と辺BCとの交点PとおいたAP.またBPはどのように求めますか?

閲覧数:
77
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jug********さん

2017/3/1009:04:40

直角三角形だから、余弦定理使わないで三平方の定理でできるよ。


確認
斜辺以外の辺の比が3:4の直角三角形は3:4:5なっている。→AB=5

APが∠Aの書くの2等分線ならば
AC:AB=CP:BP →これから、BPが求まります。ついでにCPも求まる。

∠C=90°だから、
AC^2 + CP^2=AP^2

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tik********さん

2017/3/1006:57:20

やさしくもとめる。。

soc********さん

2017/3/1003:34:54

余弦定理で解けますよ

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる