ここから本文です

旧借地権に立つ自宅の空き家の扱いについて いわゆる旧借地権である土地に母親...

szm44494jpさん

2017/3/1714:00:04

旧借地権に立つ自宅の空き家の扱いについて

いわゆる旧借地権である土地に母親が名義の自宅があり、母親が他界致しました。相続関係で息子の私が名義変更の予定なのですが、その家にすぐ住む

ことができません。いわゆる空き家状態になってしまうのですが、問題ないでしょうか?
人が住んでないと借地権が消滅する事を恐れております。ご存知の方教えてください。

閲覧数:
134
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sys052511さん

2017/3/2219:07:46

人が住む住まないと借地権は関係ありません
借地権は「建物の所有を目的とするもの」だからです
ですから地代を払い続ければ問題ありません

地主さんが解約してといっても、あなたが拒否すれば貸すしかありません
借地権は強い権利です

特約で一代限りの意見がありますが、
借主にとって不利な特約ですから原則無効になります。
借地権=財産権なんで、そう簡単に破棄されません

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pf0039403さん

2017/3/2118:31:35

相続の場合、従前の契約を相続人が引き継ぐことになります。

また、借地権は「建物所有を目的とする権利」となっておりますので、そこに住む住まないは関係ありません。

地代の支払いさえ怠らければ問題ないと考えていいと思います。

ただ、土地賃貸借契約書に1代限り等、特約条項に謳ってある場合も稀に見ます。

こういった場合には法律関係が絡んでくるので弁護士さんに相談されたほうがよろしいかと思います。

借地権に関してかなり詳しく書いてあるサイトがありましたのでご参考までにどうぞ
http://www.c21mercury.jp/

mitunaka25さん

2017/3/1910:07:54

借地契約者が死亡すれば、借地契約破棄が出来る。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。