ここから本文です

吾が言葉にはあらはし難く動く世になほしたづさはる此の小詩形(土屋文明) 歌止...

yus********さん

2017/3/1821:54:41

吾が言葉にはあらはし難く動く世になほしたづさはる此の小詩形(土屋文明)
歌止めし一人の友を偲びつつなほしたづさはる此の小詩型(Mさん)
Mさんの歌は本歌取りと言えるのでしょうか?私に

は盗用とも思えるのですが。素人ですので間違っているかもしれません。お教えください。

閲覧数:
43
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

atr********さん

編集あり2017/3/2105:19:12

上三句は全く違うので、一応本歌取りと見なして良いと思うのですが、下二句が全く同じなのは感心しませんね。「なほ詠み続けんとす此の小詩型」位にしておけば問題はまず無いのにと思います。
そもそも現代短歌において、本歌取りの技法が一般的ではありませんから、余程有名な歌を下敷きにした場合を除いては、下敷きにした本歌を明示した上で発表するべきでしょう。殊に活字で発表する場合には必須だと思います。
私も素人ですので、感想です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる