ここから本文です

日本の就業者数は2016年度の6424万人がピークで2017年度以降は、人口...

yamaguta_0321さん

2017/3/2021:35:38

日本の就業者数は2016年度の6424万人がピークで2017年度以降は、人口減少に伴って減少する様に、言われています。

これは、定年の年限を60歳から65歳になる様に、厚生年金の支給の基準を5年間繰り下げたための、人為的なものが原因で、景況感が回復しているという説は、全く馬鹿げていると、一部で言われているようです。

景気回復が、実質賃金の減少と就労者数の増加という中で、雇用者報酬の増加というのが日本の景気回復と言い切る人も居るようですが、消費がどんどん減少している現実を、一体どう説明するのでしょうか?

また、実質賃金が年間2%以上上昇して、雇用も回復している米国の状況が本来の景気回復で、そこでは、景気の過熱過剰を抑えるための利上げの話が出ますが、日本では、景気回復を言うのであれば、本来、加熱過剰を覚ますために、利上げを言うべきですが、日銀は、金利上昇を全く考えておらず、インフレ抑制を全く眼目にいれていません。

1月の企業物価指数の内、輸入物価が、昨年度の2/3「だけ」もどしたから取るに足らないといわれますが、チェーンストア協会や百貨店協会等の売上を見るまでもなく、昨年度の同月より消費は下落しており、今後、原油価格や食料の輸入物価が上昇すると、どのような事態になるか、空恐ろしくなります。

見解はどうですか?

閲覧数:
86
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ichirou2006さん

2017/3/2105:52:39

「2017年度以降は、人口減少に伴って減少する様」は、出生数の減少によって説明できます。
第二次ベビーブーム世代(現在40代)の頃、年間出生数200万人時代でしたが、昨年の出生数98万人で、これから、2025年の出生数80万人、2050年の出生数50万人になる流れです。

http://www.geocities.jp/yamamrhr/ProIKE0911-118.html

>消費がどんどん減少している現実を、一体どう説明するのでしょうか?

簡単な事で、所得が減っているからです。

http://toyokeizai.net/articles/-/84350?page=2

>日本では、景気回復を言うのであれば、

景気回復していませんので、言える訳がありません。

「食料の輸入物価が上昇」と書かれていますが、最近の私の実感は、安売り店ではギリギリの状態まで下がっています。
それからの上昇は、むしろ、異常なまでに安くなりすぎた価格の修正だと思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2017/3/2112:39:20

私の以前の回答についての質問ですね、直接回答リクエストでも全く構いませよ。

日本は人口が減少していますからいずれ就業者数は減少するでしょう。あなたが言うように少子高齢化も就業者数増加の要因の1つであることは間違いありません。
しかし、「景気回復が全くないのであれば就業者数の増加に対して、人手不足が解消されなければ変です」日銀短観の人手不足感はバブル期並みの水準にあり、人手不足倒産も起きています。中小企業の景況感も高水準にあり
http://jp.gdfreak.com/public/detail/jp010501005000000010/1
『景気回復による人手不足と考えるのが自然です』。


日本の賃金上昇が欧米に比べて低い理由には『解雇規制が強すぎること』が言われています。
http://career-adviser.com/post-813

下図は非正規雇用の募集時平均賃金の推移です。人手不足を背景に上昇を続けています(直近で下落していますが年末上昇しその後下落するのは毎年同じです)、これは雇用が流動的であるため賃金を上げることで雇用を確保するためです。

一方で正規雇用は雇用が硬直的であるため、賃金を上げなくても辞める人は少ないです。
そのため『雇用が流動的な非正規は賃金が上がり、硬直的な正規は賃金が上がりにくい』というのが理由です。


・消費動向について
GDP消費支出
http://jp.gdfreak.com/public/detail/jp010010001010100002/1
消費支出は減っているというより変わらないが正解でしょう、1つ言えばネット販売の一部や個人間取引(ヤフオクやエアビーなど)はGDPにカウントされていません(推定4兆円)。
それでも消費は弱い これは間違いありません。

しかし、「百貨店の売り上げ減少はライフスタイルの変化」によるものが大きく、外食やスーパーやコンビニやネット販売やサービス消費は増えています。そこだけを取り出し言うのは間違いです。

ひとつ断言しましょう『あなたが危惧するような物価上昇は起きない!』一昨年は125円の円安で輸入物価は今よりずっと高かった。

質問があればどうぞ!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。