ここから本文です

過剰な請求をされています。 年明けに島根県での物損事故ですが私は加害者ですの...

アバター

ID非公開さん

2017/3/2103:29:31

過剰な請求をされています。
年明けに島根県での物損事故ですが私は加害者ですので、与えた損害についてはしっかりと対応したいと思っていますが、請求があまりに不自然で困っています。
当時

、年末年始でしたので保険会社も休業中で任意保険未加入でした。もちろん現在は任意保険に加入していますが。。
時速5〜10キロ程(自転車速度程度)の接触で、幸いダメージは事故前と事故後が分からないほど軽微なものでした。

しかし、お見積りで18万円もの請求がきました。明らかに事故とは関係のない項目が多数見られ、見積りを出した修理業者に確認したところ、被害者が「ここと、ここと。」というように言われるままに見積りを作成したとのことでした。

被害者はこの見積りに対し、いくらまで支払えるのか、高すぎると思うから、なんとかしてやろうか、と見積りを基準に賠償金額を私に決めさせる姿勢です。
アジャスターに判断させてもいいが保険等級に影響するため費用は請求する、そんなことでは代車代もいくらでも請求する等、賠償金額にあたかも被害者の一存で上下させるような姿勢で、しかし金額は私に決めさせようとします。
しかし本来、物損事故の賠償責任は実際に与えられたダメージへの原状回復ですし、物理的ダメージへの回復から個人の感覚や一存で賠償額が変化することは許されないはずです。

また、もらい事故であっても被害者は全く儲かりません。

被害者は、右下のバンパーにも傷があると主張され、しかしスクーターには痕跡がないこと、事故との因果関係については主張する側が証明する必要がある旨を伝えましたが、ご納得に至りません。

バンパー右下の傷について仮に事故によるものであったとしても、凹みなく傷もごく小さいため部分修理が妥当と見なされる可能性がある旨をお伝えしましたが、バンパーを一本塗る、傷の補修での部分塗装であったとしても塗装する際バンパーを外す必要があるため爪が割れるからもう使えなくなる、その部分の請求もする、と請求額が乱高下するような言動が多く、ほとほと疲れてしまいました。
こちらが被害者へお伝えした内容は全て第三者の相談センターによる判断です。

示談交渉の開始当初から被害者との会話は全て録音しています。修理業者との会話も録音しており見積り作成の経緯も証明することができます。相手車両の写真や当スクーターの写真も撮っています。

当方は法に則って警察の現場調査で判断された接触箇所に対し、責任をもって対応させて頂く旨を何度もお伝えしているのですが納得に至らず、いまでは心療内科に通うほどになりました。

見積り作成の経緯を私が感知していることを被害者は知りません。

ここで質問なのですが、このような示談交渉の経緯から不当な請求であると判断されるのか。また強要罪や恐喝罪、詐欺罪に当たるのかをご教授願えますでしょうか。

私としては、ご迷惑をおかけしていますので賠償責任を全うしたいのですが、相当ではない賠償は毅然と拒否すべきであると考えています。

今回のケースは、仮に何も分からない加害者である場合、そのまま見積り額を賠償する可能性もありますし、それは許される事ではありません。

被害者は訴訟手続きに入っていますが、このような方であれば是非とも裁判官の判断に任せたいと思っています。
事故の加害者は私ですが、不当請求となると話が変わってきます。

長くなりましたが、最後までお読み頂きありがとうございます。
※質問に冷静に回答頂ける方のお返事をお待ちしております。事故を起こしたそちらが悪いのに等、質問外の回答は他の方へもご迷惑をおかけしますので回答を控えて下さい。

補足または詐欺未遂罪に至るのでしょうか。

スクーターのダメージをどう検証しても、見積り項目に記載されている部位への接触は物理的に不可能なのです。
録音は無料アプリで簡単に行えるので、助かりました。同じ境遇の方は直ちに録音しましょう。遅過ぎるということはありませんし、こちらも冷静になれます。

閲覧数:
684
回答数:
12

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/3/2115:00:21

不当な請求であっても直ちに強要、恐喝罪にあたることはありません。

示談が締結され、例えば、18万円をあなたが渋々納得し払ったとして、被害者が修理せずにポケットに入れても詐欺罪にはあたりません。

ただし、事故と全く関係のない箇所と被害者が知りながら請求し、それにあなたが気付かずに支払えば、それは詐欺罪です。

話は変わりますが、バンパーの修理は、車体からバンパーを取り外し一本丸々塗装することが一般的です。

部分塗装も可能ですが、それを選択するかどうかは被害者の自由でしょう。

代車費用はいくらでも請求することはできません。
修理費もそうですが、代車費用も必要性と妥当性を立証し、請求が認められるものです。

被害者のバンパーの傷が、あなたがつけたものではなく、その立証があなたに可能であれば、あなたから債務不存在確認訴訟を起こすことが出来ます。

スクーターに痕跡がないとのことでしたが、痕跡が残らない、または確認しづらいことはよくあります。そのあたりを有利な証拠とするかどうかは、あなた次第と言えます。

  • 2017/03/2210:21:53

    見積を見ていないので、詐欺未遂かはなんとも言えませんが、誰がどう見ても、プロが見ても関係のない傷を請求しているのであれば、詐欺未遂ですかね。

    物理的に不可能な箇所への接触というのは、バックパネル(リヤパネル)であったり、トランクパネル(バックドア)、またはクォーターパネル(リヤフェンダ)でしょうか。

    バンパは樹脂で、変形後に元の形に戻る特性を考慮しても、請求されている部位があり得ないのであれば、闘うべきです。

    無関係の傷であることをこちらが立証して、なお請求がくるのであれば詐欺未遂で告発しても良いのではないでしょうか。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/3/2110:12:39

妥当な金額かどうかはあなたがそう思うかどうかの主観的なものです
妥当でないと思い、裁判の手間暇を覚悟するなら払わなければよいのです。

18万位であれば裁判の手間暇を考えれば払って終わりでも良さそうですがどうするかはあなたの自由です。

無視すれば、相手も裁判をするのを嫌がり泣き寝入りしてくれるかもしれませんよ

fazymonkeyさん

2017/3/2109:47:12

相手方の車格が分からないので一概に安いか高いかは分かりませんが

単純に任意保険に加入する前に事故に遭ってしまった不幸な事案ですが

~被害者はこの見積りに対し、いくらまで支払えるのか、高すぎると思うから、なんとかしてやろうか、と見積りを基準に賠償金額を私に決めさせる姿勢です。~

に対し

~責任をもって対応させて頂く旨を何度もお伝えしているのですが納得に至らず~

交渉が上手くないのかお互い譲歩するつもりが無いのか分かりませんが
初めから全部は決めさせるつもりは無いと思いますが?

全額ではないにしても傷以外も一部認めるなど譲歩はしなかったのでしょうか?

どこまで譲歩できるかが解決策なので
お互いに譲る姿勢が無いのであれば第三者の判断を仰ぐしかないと思います。


こういう事態のための任意保険です、安易に運転してしまった代償です。

rwkbc195さん

2017/3/2108:33:53

ハイハイ、言い訳無用で支払ってください。無保険ですから。
批判の答えが多いからといって実は私が被害者の立場でしたと言わないでね。

sibasatukiさん

2017/3/2108:33:44

任意無保険で車両を運転するということは
いざという時に何百万円・何千万円の経済的負担を含めて
自己責任で対応する覚悟があったということ

>>お見積りで18万円<<
その覚悟をもってすればはした金です

そもそも追突事故であれば相手のダメージはバンパー部分かと

バンパー部分は外見上の損傷が軽微(皆無)でも
内部の破損が疑われる場合は交換が修理の基本であり
>>時速5〜10キロ程(自転車速度程度)の接触で<<
であっても代車費用含めれば
普通に10万円は超えます

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/3/2108:18:19

任意保険未加入ということは、相手の損害を協定できないということもリスクの一つです。

不当請求を立証するには、損害額以上の費用が必要な場合もあります。

私は無保険であれば、相手の言い値で支払うべきというスタンスです。無保険で文句言える立場ではないと思われます。

勉強代が高くついたと思ってください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。