ここから本文です

贈与、返却要求について。 男性からいただいたプレゼントやお金を後になり返せと...

hwcbyiさん

2017/3/2110:56:26

贈与、返却要求について。
男性からいただいたプレゼントやお金を後になり返せと言われました。
最初は相手の言い分が怖く、返せばいいんでしょ!?返します!という風に言い返してしまいまし

たが
その後民法549-550条の書面のない贈与は履行された後返す必要がないということを知りました。

しかし、一度返すと言ってしまった場合はこの民法は適用されないのでしょうか?
適用される、されない場合それぞれ理由と合わせて(出来れば民法何条でこういう決まりが〜と言った感じで根拠付けて)教えていただきたいです。よろしくお願いします。

閲覧数:
117
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nsugさん

2017/3/2115:17:52

細かいことを言うようですが。
>書面のない贈与は履行された後返す必要がない
違います。返す必要はあります。ただしその契約自体を撤回できるということです。
撤回を要求して初めて返す必要が無くなります。

男性をA、あなたはをBとします。
①A⇒Bに金銭、物品の贈与があり
のちに
Bから
②B⇒Aに金銭、物品の贈与の要求がありAは口頭で了承した
と解釈するなら
民法550条にて②の贈与契約を撤回することが出来ます。

ただしAが①の取引が贈与ではなく貸与であったと主張するなら②は贈与契約ではなく返還であり②を無効にすることは出来ません。

返したくないのであれば①ついては貸与ではなく贈与であった。②については①とは別の贈与契約であり民法550条に基づき撤回を要求します。
とすればよいでしょう。

  • 質問者

    hwcbyiさん

    2017/3/2116:13:15

    履行された現状で贈与契約を撤回=元の状態(物を相手に返す)にはならないのでしょうか?

    550条により書面によらない贈与は各当事者が撤回することができる。ただし履行の終わった部分については、この限りではない。 =履行された贈与を取り消すことはできない。=履行された贈与を返す必要はない、とはならないのですか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

popojitさん

2017/3/2417:43:54

民法の条文が読める方のようですね。
法律論として参考までに。

1.民法549-550条で書面のない贈与は履行された後返す必要がない?

ご名答。正確には550条但書が適用条文ですが。

2.一度返すと言ってしまった場合はこの条文は適用されない?

これが本心から出たのかどうかにより、異なります。
「本心」とは法的には「真意」といいます。
民法は「意思主義」を採っています。したがって、重要な部分で真意に基づかない意思表示は、原則、無効となります。(民95条本文)

本件の場合、「怖くなって」「返せばいいんでしょ」などの記述から推定すると「売り言葉に買い言葉」という特殊な状況下にあるとみられるため、「返す」という言葉はそのまま「真意」から出たものとは言えず、履行の義務は生じません。
言い換えると、「口が滑って」「酔って」「異性の歓心を買うために」などというような特殊な状況下での口頭による場合には、国家権力がその実現に手を貸す必要性のある場面とは言えないからです。
書面によらない贈与は撤回することができるとしている民法550条の趣旨とほぼ同じであり、民法93条但書にも同趣旨の規定があります。※民法93条本文は意思主義の例外規定のため、但書で制限をしています。

したがって、民法93条但書により「無効」を主張できます。

3.撤回できない贈与により物の所有権は移転する

贈与が撤回できない場合、履行済み部分の所有権は完全に移転します。
本件の場合、もらった物の所有権はあなたにあります。
俗にいう「もらった物を返す」行為は、民法上、あらたな贈与ということになります。
「返す」という言葉が有効である場合(96条本文)には、民法上、あなたは贈与を口約束したことになります。

そうだとすれば、この贈与は「書面によらない贈与(民法550条本文)」となり、撤回できます。

したがって、いずれにしても法律上、原則として既に手中にある物件は、返還義務がないという結論になります。

お気をつけて。

2017/3/2114:58:43

民法では口頭での契約も有効としています。
証拠となる書面、文字がなければ実質的に立証は不能ですが・・・
でも、それ貸し与えていたと主張されたら、どうしますか?
相手は領収書、保証書、レシートの控えもあるでしょう。
そうなると占有ブツの返還訴訟、損害賠償請求もしてくる可能性があります。

あなたも一度そう云ったなら、素直に返せばいいのでは?
そもそも、別れた相手からもらったモノを未だ所有していたいですか??
物欲も解りますが、情けない根性ですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

xx4155xxさん

2017/3/2111:59:51

貴方が言った「返します」も書面のない贈与でokじゃないの?

fuwafuwataneさん

2017/3/2111:13:05

まだ返していないのでしたら、民法第550条の解釈で十分でしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。