ここから本文です

質問です。 どうして人間には、「イケメン・美人」と「ブス・凡人」の二種類が...

clashcrushcrashさん

2017/3/2113:24:12

質問です。

どうして人間には、「イケメン・美人」と「ブス・凡人」の二種類がいるんですか??

一体、歴史のどの時点からその二種類に分かれていったのでしょう?

人類学に詳しい方、教えてください。

閲覧数:
63
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

discsky1さん

2017/3/2623:32:00

イケメンの基準が時代時代で全然異なるからです。

今あなたがイケメンと感じている方々が昔イケメンに該当するかというとしないのです。さらには美女も美女ではないのです。


たとえば人間の衣服があまり発展していないような時代であれば、顔よりも肉体のほうが重視されます。


考えてみてください袈裟懸けの布一枚羽織っている程度のファッションの場合

裾から覗く太くたくましい脚、覗いた胸板、太い腕
そして腕毛やら、胸毛があったとしてもそれすらファッションです。
ないより見ごたえがあると思いませんか?

風呂などほとんど入らないので、皆等しく垢や脂、泥やススにまみれています。
農作業や、狩猟で浅黒く焼けた顔は
現代の感覚でこそ不細工だとしても、
当時の感覚では勇ましく、雄々しい、野性的な顔とも言えます。
貴方が不細工だと思う人々の顔を浅黒くして、傷や泥を塗ったくったらなかなかの男前になると思われます。


野生肉食動物も多く人も捕食される側でした。
サーベルタイガーの主な主食は二足歩行を始めたばかりの人の祖先だったといいます。
サーベルタイガーが絶滅したのちも同じようにライオンや虎やオオカミなどがそれにとってかわり人は捕食対象されていました。

その中で現代のように細身でひょろっとしたイケメンを選ぶ女性はあまりいません。
筋骨隆々か、でっぷりと油と筋肉を蓄えたようなたくましい男はよりカロリーを得られているという優秀さの証であり、鰓の張った肉食獣のように野性的な顔のほうが当然モテるでしょう。




■実践的な大きさがモテる

身長はでかければいいのかというと違います。
高すぎる身長は命とりです。
物理的な話になりますが
背の低い人のほうが同じ筋量でも出せるパワーは上です。
これはテコの原理で説明がつきます。

また小さいほうが基礎代謝(消費カロリー)が低いので粗食に耐えることができます。

長期の狩猟や戦争の際、より生存率が高いのは身長の低い人々です。

ベトナム兵が優秀であったのは皆一様に身長が155cm程度しかなかったことであり
大柄なアメリカ人よりも粗食で戦闘が可能でした。
そのため補給線が乏しくても戦闘が継続できたのです。
結果ベトナムはアメリカに勝ちました。

精強をほこった古代ローマ兵も低身長な軍隊でした。
昔の強い軍隊というのは身長の低い人種が多いのです。

つまり昔のできる男たちというのはチビマッチョであったのがうかがえます。

ナポレオンやアッティラ、アレクサンドロス大王も身長160未満という事実。
おどろきでしょう?


■モテボディーを維持するためにもチビのほうがよい

戦争だけではありません。
日常生活ですら高身長は不利なのです。

昔は食料の供給が乏しかったのです。

農産物はぜんぜん品種改良されてませんから、同じような野菜でも収量は同じ面積でも6分の1程度しかなく
畑を耕すトラクターもないのです。

こういう時代に下手に身長が高くても
カロリーが足りなくてなかなかマッチョになることはできませんし
身長が高いと農作業をしたときにしゃがむことになり骨格を痛めます。20年もやれば立派な腰曲りのおっさんになります。
鍬をふるうたびに大きなカロリーを消費する体は効率的とは言えません。
また、洋服にしても布を多く使うので高コストということになります。


身長が低ければ立ったまま作業をすることができ
低いカロリーでもより健康的なマッチョさを維持することができますし
衣食住すべてが安上がりです。

どちらがモテるかはおのずと決まってしまいます。

■モテる匂い

またワキガはモテるのです。
楊貴妃はワキガであったと言い伝えられます。

ワキガはフェロモンです。
もともとこの世の中には無臭の場所などというのはありません。
畑からは播いた肥料の匂いがし
下水などないのですから街中は腐った食べ物や糞尿の匂いが充満しています。
森林では腐葉土と葉の青臭い匂いがし
自分自身垢だらけで匂っている


現代でこそ無臭にならされてしまっている我々は
ワキガを臭いと思うのですが、昔の人々はエロい匂いだと感じました。
異物ではなくより身近な人間の匂いです。天然の香水です。

想像してみましょう。あなたが無人島に遭難し
風呂にも入れずトイレットペーパーすらない生活をしています。
異性のパートナーがワキガだとしたらおそらく単にエロい魅力的な匂いとしか感じなくなるはずです。

つまり昔の人々はワキガこそモテたのです。



■昔のモテ男とは

①低身長
②大きな筋量
③動物的なたくましい面構え
④適度な脂肪
⑤ワキガ
⑥頭が切れる

■イケメンがブ男扱いされるようになっただけ

農業や酪農の高度化が進むにつれ食料問題は劇的に解決しました。
世界人口は第二次世界大戦以前と比較し3倍にもなっています。
それほどに食料が増えたのです。

その結果、マッチョや低身長ははイケメンの条件ではなくなりました
逆に、細身で高身長であるほうが優れた特徴であるという風に人々はとらえています。

ほとんどの作業が機械化したため高身長で不利ということは一切なくなりました。

野生動物を完全に駆逐し、身の危険を感じることはなくなりましたし
お風呂に毎日入れるようになるとワキガはむしろ原始時代を思い起こさせる野生の異臭にしか感じなくなってしまいました。


現代人にも昔の人にも変わらず評価されるのは脳みそのみという状況です。



現代のモテ男は
①高身長
②適度な筋量
③野性を一切感じさせない顔
④無駄な脂肪がない
⑤無臭
⑥頭が切れる


こういうことです。

しかしまだまだ進化は進んでいません。
なにせ人類誕生以来何万年ものあいだ昔のモテ男の条件がイケメンの条件だったのです。

現代のモテ男の歴史はたった100年ほど100年ほどでは品種改良は進みません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。