ここから本文です

縦走登山について、六甲縦走とチャレンジダイトレ【上級コース】両方のご経験者に...

dsc********さん

2017/3/2208:05:08

縦走登山について、六甲縦走とチャレンジダイトレ【上級コース】両方のご経験者にお伺い致します。ズバリどちらがきついですか??

閲覧数:
645
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

bew********さん

2017/3/2301:27:30

コースが長いので総合体力的にえらいのは六甲全山縦走コースです。公称56㎞で実距離は41㎞ほどだそうです。始まった当初は本当に58㎞歩いたそうな。
過去の回答で説明します。
貴方が強い足首を持っているならトレランシューズで良いです。しかし雨が降るとトレランシューズは辛いですよ。累積標高差は3000mを超えます。トレッキングポールは使った方が楽です。コースは菊水山までで脱落する人が多いです。疲れから歩行速度が落ち関門時間切れや赤鬼に追い付かれ失格する人もおられます。
7回参加の経験から感じたことは、渋滞に巻き込まれない事(5時スタートなので100人以内に並ぶ為最低4時までには並ぶ)・トイレの位置を知っておくこと(待ち時間でタイムロス)・道迷いでタイムロスが多いなどです。
平均10時間でゴールする人が多いです。
宝塚の温泉に入ると自分を誉めたくなりますよ。
ダイトレチャレンジの36㎞コースは葛城山と金剛山の激坂階段のアップダウンが辛いですね。
累積標高差2000mなので六甲より楽な気がします。
そして六甲はスタート地点に並ぶのは3時頃からです。
これでもスタート100人に入るのギリギリです。
ダイトレの登山の部は6時スタートなので5時頃にスタートリボン(スタート時間が書いてある)を取れば第1スタートが出来ます。
約7時間が平均です。
ヤッパリ総合的に六甲全縦が疲れると思います。
大会参加のご参考に。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mhg********さん

2017/3/2208:32:51

両イベントにどんなスタンスで取り組むかによって違うんじゃないですか。

六甲縦走って神戸市主催の『KOBE六甲全山縦走大会』の事ですよね。あれ、関門時間があって、速く走っても関門で時間待ちさせられちゃうんで、時間調整でダラダラ歩いて行く事になります。一方、府岳連主催の『大阪府チャレンジ登山大会』、私はレースと思ってますのでスタートからゴールまで走りっ放しで、六甲縦走とは比べようもなく苦しいです。

ウォーキングイベントとしては、距離が短い分ダイトレの方が楽なのではと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる