ここから本文です

ジフェンヒドラミンサリチル酸塩とジフェンヒドラミン塩酸塩では なにか違いがあ...

ush********さん

2017/3/2800:08:52

ジフェンヒドラミンサリチル酸塩とジフェンヒドラミン塩酸塩では
なにか違いがあるのですか?

閲覧数:
259
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tor********さん

2017/4/311:11:54

同じようなご質問がありましたが、
ジフェンヒドラミンサリチル酸塩とジフェンヒドラミン塩酸塩との比較ならば構造式が異なるので同じではないと思いますが、似たような作用機序があります。どちらも抗ヒスタミン作用があります。
ジフェンヒドラミンサリチル酸塩は、めまいによって起こる嘔吐を抑えます。したがって、動揺病、メニエール症候群などの疾患又は状態に伴う悪心・嘔吐・めまいに使用されます。
ジフェンヒドラミン塩酸塩は、体内でくしゃみ、鼻水、かゆみなどのアレルギー症状を引き起こすヒスタミンの作用を抑えて、鼻炎や皮膚の症状を抑える効果をあらわす抗ヒスタミン薬です。総合感冒薬(かぜ薬)や鼻炎薬、外用のかゆみ止めなどに含まれており、眠気をもたらすことが知られています。この、眠気をもたらす作用により、2003年より薬局で購入できる睡眠改善薬の主成分として利用されています。寝付けない、眠りが浅いなどの不眠が一時的に起こっている時の薬です。
したがって両者では効用・効能が違ってきます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる