ここから本文です

日蓮がもし今、生きていたら、創価学会に入信したでしょうか?

プロフィール画像

カテゴリマスター

☆むきむき・デブマッチョ☆さん

2017/3/3110:15:14

日蓮がもし今、生きていたら、創価学会に入信したでしょうか?

閲覧数:
85
回答数:
16

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

haw********さん

2017/4/108:11:54

創価学会をみた日蓮は、たぶんショック死すると思います。

質問した人からのコメント

2017/4/7 09:17:28

ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/15件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/4/115:41:41

「嵐に打たれて、軟らかな土は流されたのだ。不屈の石だけが残ったのだ。難を乗り越えたから本物になったのだ」(池田先生)

創価学会は、大聖人の御遺命である世界広宣流布を唯一実現しゆく仏意仏勅の正統な教団である。日蓮大聖人の曠大なる慈悲を体し、末法の娑婆世界において大法を弘通しているのは創価学会しかない。

「出世の本懐と弘安2年の本尊(大御本尊)とを結びつけた議論は、日興から日有、左京日教に至るまで見られず、江戸時代の日寛になってようやく見られる議論である。出世の本懐について述べている真蹟御書である『聖人御難事』には弘安2年の本尊に関する言及は全くなく、日蓮教学と日寛教学には差異があることは明白である」(創価大学文学部教授・宮田幸一氏)

「私は形式的な血脈論はあり得ないと思う。血脈相承が外在化し、権威化して、ひとり歩きを始めるような状況は宗教としての自滅行為だと考えます。信仰があるところに血脈は流れ通うと考えるのが日蓮の思想でしょう。大事なことは、『今、日蓮が生きていたらどう考え、行動するか』
――それを常に問いかけ、現代的な課題に真剣に応えていく努力でしょう」(東北大学大学院教授・佐藤弘夫氏)


生命尊厳の思想を確立し(立正)、恒久平和を実現する(安国)。日蓮大聖人の仏法は「立正安国論に始まり、立正安国論に終わる」と言われている。

「一国のことを、さらに、この動乱の世界を考えた時、私はこの世から一切の不幸と悲惨をなくしたいのです!」(戸田先生)

「いかに苦渋に満ちた現実であろうが、そこから絶対に逃げることなく、苦悩の民衆の一人ひとりに手を差し伸べていくのだ。そして平和と幸福の世界を共に創造していくのである。
『立正安国之誓(りっしょうあんこくのちかい)』――これが恩師の偉大なる悲願であった。これが誉れある創価の誓願であった」(池田先生)


創価学会は、平和を実現するための、社会の変革を目指す団体である。現実から逃避した、内省だけの宗教は本当の宗教とは言えない。
人間の幸・不幸の根幹に関わる宗教が、社会の繁栄に直結する「政治」に関与していくのは当然のことである。

「社会の不幸に目をつぶって、宗教の世界に閉じこもり、安閑とただ題目を唱えているだけなら、大聖人の立正安国の御精神に反している。この世の悲惨をなくす。不幸をなくす。人権を、人間の尊厳を守る。平和な社会を築いていく。そのなかにこそ、仏法の実践がある」(戸田先生)
________


★本尊は全て等しく「本門の本尊」であって、特別なものは存在しない!
【戒壇の大御本尊が大聖人御在世には存在していなかった証拠の数々】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=460057&id=71019910

現存する「日興跡條々事」は明らかな改竄が見受けられます。そのことについては、堀上人が編集に全面協力して1925年(大正14年)に完成した「日蓮宗宗学全書全18巻」(日蓮宗宗学全書刊行会編)の第2巻に、大石寺所蔵の「日興跡条条事」を収録しており、この中で「日興跡条条事」の第二条に関して編纂者の堀上人自ら、
「凡そ四字は後人故意に之を欠損して授與之の下に相傳之可奉懸本門寺の九字を加うる」
と、大石寺派が唯一の戒壇の御本尊が存在した根拠としている史料が「4文字が意図的な削除、9文字が後で書き加えたもの」であるという事実を記録し公開しているのです。

実は、大石寺派が改竄や偽作をやらかしたのは、他にもいくつもあるのです。例えば、
①「竜門御書(上野殿御返事)」(『日蓮聖人真蹟集成』第9巻に所載)の〝日蓮花押〟を、昭和38年版『日蓮正宗聖典』(初版は、日蓮正宗の立宗700年記念出版事業として昭和27年に発行。編集者代表・堀米日淳)の「諫暁八幡抄」の文末に貼り付けた(※改竄)。
②昭和53年版『日蓮正宗聖典』の「諫暁八幡抄」には花押がない(※「日道花押」を削除)。
③昭和51年刊行の『日蓮聖人真蹟集成』第9巻(法蔵館)や、昭和56年刊行の写真集『大石寺』(聖教新聞社)によると、「諫暁八幡抄」の文末には〝日道花押〟がある(※これが本物)。

この意味が分かるでしょうか?
大聖人の「諫暁八幡抄」を日道が書写して記載した日道花押の箇所を削除したり、「竜門御書」に記載された大聖人の花押を「諫暁八幡抄」の日道花押があった部分に貼り付けて値打ちを上げようという、完全にサギ師の手口で偽造しているのです。花押とは、現代で言えば印鑑証明のようなものですので、これは明らかな「文書偽造の犯罪行為」です。これが大石寺派の「富士の濁流700年」の実態なのです。
http://blog.livedoor.jp/saikakudoppo/archives/50957710.html
https://www.youtube.com/watch?v=bIspyPbyfiQ

tea********さん

2017/4/105:19:07

此の質問・・・或る次元では「卵が先か、鶏が先か」の論点にも
成ると思うのですが。

our********さん

2017/4/100:02:15

入信しません。

「仏敵」になるでしょうね。

入信しません。

「仏敵」になるでしょうね。

sgi********さん

2017/3/3119:46:32

どこに入るかはそれとして、日蓮大聖人はお亡くなりになる前に、激しい下痢を起こすなどかなり衰弱しておられその回復を見ることもなく池上の地でこの世から旅立たれて行かれました。
温泉に湯治されにいかれる途中だったとか。ですから、まずゆっくり湯治場で体を休めていただいて、生前中できなかったことなどもあるでしょうから、そうしたことをおやりいただけたらいいかなと思います。

kaw********さん

2017/3/3119:42:31

新立正安国論を書くと思います。
そして辻説法をして新しい仏教の在り方を説くと思いますよ。
勿論創価学会も批判対象だと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる