ここから本文です

上場廃止猶予期間入りというのは、必ず監理銘柄行きになるのでしょうか?

nekox155さん

2017/4/110:15:57

上場廃止猶予期間入りというのは、必ず監理銘柄行きになるのでしょうか?

閲覧数:
116
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/4/110:34:43

日本証券業協会HPより引用

「証券取引所では、上場銘柄が上場廃止基準に該当するおそれがある場合(または、発行者からの上場廃止申請の審査期間中)は、その銘柄を一定期間、監理銘柄に指定して売買を行わせます。 上場廃止になると、証券取引所での売買が行われなくなるため、そうなる可能性が高い銘柄を投資家に周知させるのが主な目的です。」

上場廃止猶予期間入り
上場廃止の規定に抵触し、その条件が解除されないと上場廃止となる企業は、上場廃止猶予期間入りします。
シャープは、上場廃止猶予期間入り(解除見込み)していますが、監理銘柄ではありません。

つまり、上場廃止規定にひかかっている可能性のある銘柄を審査する期間は監理銘柄、上場廃止が決定されれば整理銘柄、上場廃止規定には抵触するが猶予期間がある銘柄が上場廃止猶予期間入り銘柄となるということです。

質問した人からのコメント

2017/4/8 11:11:18

分かりやすくありがとうございました。

「上場廃止になると」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。