ここから本文です

AFカメラではPLフィルターではなく C-PLフィルターを使いますが、その理由を教えて...

yo5********さん

2017/4/308:58:44

AFカメラではPLフィルターではなく C-PLフィルターを使いますが、その理由を教えて下さい。一般的説明ではなく、その原理とメカについてより詳しく。

閲覧数:
90
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

hek********さん

2017/4/311:41:25

太陽光などはいろんな方向の偏光が混ざった光になってる
で、このうちのある方向の成分だけ通すのがPLフィルタ
通常のPLフィルタを通った光は最初の回答にあるように一方向の偏光になった直線偏光のになってる
で、PLフィルタの後ろにλ/4板っての置いて、円偏光(全ての偏光成分がある)にしたのがCPL

AFセンサやAEセンサで使われてるハーフミラーや一部のLPFに使われてる光学材料では、偏光の方向で透過量が変わる、って特性があるので、
一方向の偏光だけになってるPLフィルタだと、希望の動作(ある決まった割合で光を分けるなど)をしなくなる
そこでPLを通った後に、いろんな方向の成分を含んだ円偏光にする、CPLを使う必要があると

  • 質問者

    yo5********さん

    2017/4/321:44:05

    大体理解できましたが、ハーフミラーを使えばファインダー側にも、センサー側にも光が届くのはどのような仕組みになっているのかを教えて下さい。(ハーフミラーがどんなものか分からないので)

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

not********さん

2017/4/312:09:24

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%8F%E5%85%89

知恵袋では一般的説明を得て、そこから出て来たヒントで自分でさらに詳しいことを検索して原理やメカを調べるものと考えています。
そうでないと字数に制限があると書けないので回答者丸投げはやめた方が良い。

円偏光フィルターはフィルム時代にTTL露出計が搭載された頃に始まり通常の露出計はレンズの方(つまり前)を向いていたのに対し、TTL露出計はフィルムの方を向いていた。
このため通常のミラーを使用しているとTTL露出計ではミラーに遮られて光が測れない。
そこで偏光効果のあるハーフミラーを使用してファインダー、フィルム面にも光が届くようにした。
ここで通常の偏光フィルターを使用するとフィルターに回転位置によってTTL露出計が誤作動(全く機能しない場合も)するため円偏光フィルターが推奨される。
AFも左右のAFセンサーにハーフミラーを使用している物があり誤作動の原因。

試しに一度通常の偏光フィルターを2枚用意して両手に持ち、その2枚を通して景色を見ながらゆっくり回していくと、やがて真っ暗になり何も見えなくなるはず。

因みに偏光フィルターは反射を遮るのが目的ですが当然、回転位置によっては強調される場合もあり肉眼では雲一つない真っ青な青空でもファインダーを覗きながらゆっくりフィルターを回していくと雲が見える場合もある(特に山の頂など)。
偏光フィルターは水面、ガラス面の反射は遮ることができるが金属面の反射は遮れない。
当然ながら鏡に映っている像(人など)は金属面の反射なので消すことができない。
鏡の表面のガラスに反射している余分な写り込は遮ることができる。

rer********さん

2017/4/309:26:40

「なぜサーキュラーPLフィルターを使うのか、原理とメカについて教えてくれ」という質問であれば、簡単な答えはありません。
少なくともあなたが言われる一般的な説明でしか答えることはできません。

それこそ、位相差式のオートフォーカスの仕組みから、PLフィルターとサーキュラーPLフィルターとの構造の違いまで、全部説明してくれ、というなら、何千文字も書けてそこまで懇切丁寧に教えてくれる人はいません。
画像も1つしかつけられないので、全部を図解で説明することもできません。

それぞれ自分で書物なりネットのページを調べた方が早いです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ele********さん

2017/4/309:17:14

PLフィルターもC-PLフィルターも偏光をカットする点では全く同じです。光は横波でフィルターを通ってきた光は一定方向にしか振動しない偏光になっています。
ガラスで反射した光もガラス面や水面に対する角度によって屈折する光と反射する光によって偏光に分かれます。PLフィルターの目的はこの偏光した反射光をカットすることでもあります。
AF一眼レフに採用されているオートフォーカスではハーフミラーを使って光を分けています。ところがPLフィルターを通った偏光はハーフミラーでどちらかの振動方向しか通さないので、ハーフミラーに届く前にすでに偏光だと片方のセンサーには光が届かずピントが迷ってしまいます。またローパスフィルターを使っているセンサーではモアレが発生しやすくなります。そこで位相をずらした円偏光のC-PLフィルターを使用する必要があります。
ローパスレスセンサーでマニュアルフォーカスをするならPLフィルターでかまいません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる