ここから本文です

「Aが零因子でなければAX=OのときX=O」および「Aを零因子でない正方行列とすると、...

mam********さん

2017/4/619:36:37

「Aが零因子でなければAX=OのときX=O」および「Aを零因子でない正方行列とすると、AX=AYならばX=Yである」が成立するためには「A≠O」つまり「Aは零行列でない」という制約条件が必要ですか?

閲覧数:
92
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yyu********さん

2017/4/619:51:33

質問者さんは高校生ですか?だとしたらそのような理解で正しいです。A≠Oという条件が必要になります。

他の質問を見た感じだと、授業で先生がA≠Oという条件をつけなかった、ということですね。実は、大学以降では零行列も零因子に含んでしまうことが多いです。なのでもしかしたらその先生は高校数学において零因子から零行列が除外されることをうっかり忘れていたのかもしれません。

  • 質問者

    mam********さん

    2017/4/620:05:16

    ご回答ありがとうございます。はい、高校数学の授業内容です。自分なりに今調べていたら、「正則行列」という条件がついている記載があり、正則行列の条件にはdetA≠0があり、ならばAは零行列のわけがないと、、、。大学数学の範囲になってしまいますね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる