ここから本文です

TBS「ひるおび」の八代弁護士(元裁判官)がテロ等準備罪(共謀罪)法案の説明に「...

tiezou_japanさん

2017/4/713:51:04

TBS「ひるおび」の八代弁護士(元裁判官)がテロ等準備罪(共謀罪)法案の説明に「テロ集団、組織犯罪集団に限る」と明言。

沖縄の米軍基地建設に反対する市民団体も、マンション建設に反対する市民団体も、政府の政策に反対する市民団体も妨害行為を企て、その準備を行った時点で、組織犯罪集団になり得る、見なされる可能性があること、「一般人には関係ない」とは言い切れないということを一切説明なさいませんでした。八代氏がどんな思想や考え方をされるのも自由ですが、弁護士という法律の専門家として法案を説明するなら、正しく説明するべきでは?弁護士という立場を利用して、政府のプロパガンダの役割を果たしている八代弁護士をどう思われますか?TBS経営陣、幹部が安倍総理と会食仲間なのは知っていますが、TBSは報道機関としての権力の監視の役割を放棄し、完全に政府のプロパガンダ放送局になるという宣言なのでしょうか?皆さんはどう思われますか?

補足戦時中の新聞の反省を教訓にできないということでしょうか?
安倍政権に批判的な室井佑月さんが「ひるおび」を降板させられたようです。
公共の電波を使う特権を与えられているのは国民に適切な情報を知らせる役割を果たしてこそでは?
憲法、放送法に反する「ひるおび」の姿勢に強く抗議したいと思います。

放送法
(目的)
第一条 この法律は、次に掲げる原則に従つて、放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を図ることを目的とする。
一 放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること。
二 放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。
三 放送に携わる者の職責を明らかにすることによつて、放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること

憲法
第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする
第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する
○2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない

閲覧数:
927
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/4/808:48:42

安倍内閣は領収書も報告書もいらない官房機密費を
TVのコメンテーターにバラ撒いて安倍擁護の発言
をさせています。
それと同時にTV局側に安倍お抱えコメンテーター
を使うように、安倍批判をするコメンテーターを
降ろすように圧力を掛けています。
安倍が心酔する日本会議が目指す「戦前日本の回帰」
がドンドン推し進められていますよ。

  • 質問者

    tiezou_japanさん

    2017/4/809:31:25

    ご回答戴き有難うございます。

    おっしゃる通りだと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/4/14 08:13:57

報道機関には政府の懐柔、圧力に屈することなく、「国家権力の監視、問題点の指摘、批判」を適切に行って欲しいと切に望みます。

ご回答戴き有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2017/4/1310:02:58

TBSばかり見るとアホなおばさんは洗脳されるよね。
今日はそのサンデーモーニングでシリアでサリンが使ったのはアサド陰謀なのに米国の陰謀と言ってましたね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。