ここから本文です

無形固定資産の減価償却処理について

sky********さん

2017/4/923:46:30

無形固定資産の減価償却処理について

なぜ無形固定資産の減価償却で用いる勘定科目は、〜費とつけず、〜償却としているのでしょうか?

例えば商標権償却はどうして商標権償却費ではないのですか?

閲覧数:
294
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ma_********さん

編集あり2017/4/1101:45:32

英語では、有形固定資産の減価償却はdepreciation、無形固定資産の償却はamortizationと言って区別しています。
そのため、日本でも厳密には、有形固定資産については減価償却、無形固定資産については償却と言います。

日本語で償却と言った場合、会計的には、「費用にする」と言う意味なので、わざわざ「費」をつける必要はないと思われますが、古くからの慣行で、会社法や金融商品取引法の財務諸表上の勘定科目では減価償却費にしています。
なので、会計学者によっては、自分の著書では減価償却に費を付けないで記述している人もいます。

またamortizationは、無形固定資産の償却だけでなく、繰延資産の償却も意味しますが、繰延資産には社債発行費など、もともと費が付いた勘定科目が多く、その償却に費をつけると、社債発行費償却費のようになってしまうため、同じamortizationである無形固定資産の償却にも費を付けないのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nih********さん

2017/4/1101:17:29

無形固定資産は物理的には年数経過により減価
しません。その点が有形固定資産とは異なり、
一定の期間で帳簿価額を0にすると言う目的が
まさに償却という言葉とマッチするということ
でしょうか。資産価値が減少する場合に費用を
計上するという考え方が妥当なので、無形固定
資産の場合は「費」とはしない。そう思います

プロフィール画像

カテゴリマスター

uzg********さん

2017/4/1023:50:42

費用と聞いて思い浮かぶものとは異なるためと思います。

費用は、簿記でいえば収益の対義語ですが、一般的には経費を思い浮かべると思います。英語のニュアンスでいえば、本来はexpensesですが、一般的にはcostを思い浮かべるのだと思います。

商標権償却「費」としてしまうと、経費と似たものと間違われてしまうおそれが生じます。そのため、「費」をつけていないのだと思います。

減価償却費は、日本に簿記が導入され早くから使われていた科目のようです。簿記の考え方や経費という考え方が一般化する前に導入されたことから、減価償却の「費用」という意味で「費」を付け、それをずっと使っているから変えずにいるのだと思います。

なお、無形固定資産でもソフトウェアの償却については、「減価償却費」や「ソフトウエア償却費」(タクソノミ)などの科目を使うのが一般的です。
http://www.kanjyoukamoku.com/softwer.html

t22********さん

2017/4/1005:29:59

無形は言葉通り形が無いからです。有形のものは形で減価が分りますが、無形のものは減価が見えないからです。証票そのもののメッキがはがれていても、会社の信用に傷が付いているわけではないのです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる