どこまで電気自動車に置き換え可能

どこまで電気自動車に置き換え可能 車っていろいろありますよね。配達用の軽貨物・小型トラック、通勤通学の足の 軽自動車、路線バス、警らや公用のための公用車、タクシーなどいろいろ あると思います。 長距離を移動する高速バスやトラック、自家用車は難しいでしょうね。そもそも 燃費がいいからディーゼルで十分でしょう。街中や高速道路を走る自家用車も ハイブリッドで十分かと。そう考えると、これらの近距離が主体で、移動する 範囲も限られてる車は十分電気自動車に置き換え可能と思いますか? 5分で充足充電でき、3000回充放電できます。一回100kmとして30万キロ 走ります。深夜電力で安く充電出来るようにするなど、インセンティブを与えれば 十分普及しそうな気もしますが。 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080423/299888/

新車414閲覧

ベストアンサー

1

とても参考になる資料をありがとうございました。 ・・・個人的見解から申し上げますと、現在のハイブリッド同様 ガソリン価格が高騰しても3桁単位の爆発的な普及がないように 現実的な問題としてはコストがあげられると思います。 たとえインセンティブを与えたとしても、資金源はどこからか? という点が明確にならなければ、結局はメーカーサイドなどのコストダウンを待つしかない…となります。 ただ、50%の補助金などがあれば普及はすると思います。 電源もコンセントで充電ができるスタンドを設置したり 太陽光や風力を車に装着して燃費を稼ぐという方法もありますね。 もし、5分で充電完了なら長距離移動車両でも普及すると思います。

1人がナイス!しています