ここから本文です

楽浪郡って帯方郡の北にあったのですよね。 どうして、帯方郡の北に倭人がいた...

ひでおさん

2017/4/1301:05:24

楽浪郡って帯方郡の北にあったのですよね。

どうして、帯方郡の北に倭人がいたのでしょうか?

補足前漢書地理志の冒頭に「楽浪海中、倭人あり」とあります。

楽浪郡が楽浪海の沿岸にあったとすると、楽浪郡に倭人がいたことになります。なので、帯方郡の北に倭人がいたことになります。

黄海の北東沿岸付近の平壌に楽浪郡があり、南のソウル付近に帯方郡があったとすると、ソウル付近の帯方郡より北の、平壌付近に倭人がいたことになります。

魏志韓伝に「韓は、帯方の南にあり、南に倭と接する」とあります。なので、倭は帯方の南にあったはず。

閲覧数:
502
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cel********さん

2017/4/1312:24:59

『帯方郡の北に倭人がいたのは何故か』という疑問を持ったのが…

①  漢書地理志下に「殷の時代の終り頃に聖人の箕子が朝鮮に行って道徳的に教化した」という箕子に関する伝説が書かれた後に「樂浪海中有倭人,分為百餘國,以歲時來獻見云。」とある。

②  樂浪海とは「楽浪郡に接している海」という事だろうから、言い換えれば楽浪郡は楽浪海の沿岸部にあった、という事になる。

③  従って楽浪郡に倭人にいたことになる。

④   帯方郡は楽浪郡の南にあったので、楽浪郡に倭人がいたなら、倭人は帯方郡の北にいた、ってことになる

って事でしょうか?

そうであれば、二つ間違いがありますね。

マイナーな方の間違いを先にあげれば…

帯方郡は、後漢末の3世紀の初めに、遼東から楽浪郡にかけてをほぼ独立して支配していた公孫氏が、楽浪郡の南を分けて建てたものです。

一方、漢書は後漢の半ば頃の1世紀終わりに完成したものです。

つまり、漢書は帯方郡が楽浪郡から分けられる前に書かれたものなので、仮にそこに「倭は楽浪郡の中にある」と書かれていたとしても、帯方郡の北にあった、って事にはなりません。帯方郡がなかった時に漢書は書かれていますから…


メジャーな方の間違いに行くと、上記の①は、「楽浪海中、倭人あり」とあるのは漢書地理志の『冒頭』ではないですが、それは「二つの間違い」の一つじゃなくこのご質問に関連する限りではどちらでも良い事で、漢書地理志に「楽浪海中倭人あり」と書いてあるのはその通りです。そして、②の「楽浪郡は楽浪海の沿岸部にあった」というのもその通りでしょう。が、だからといって③のように『楽浪郡に倭人にいたことになる。』と考えてよい、って事にはなりませんよ。

喩えを出します。

『鬱陵島も隠岐島も日本海の中にある』と言ったとします。日本海とは、簡単に言えば“日本に接している海”ですね。言い換えれば「日本は日本海の沿岸部」と言えない事もないです。が、隠岐は日本に入りますが、鬱陵島は日本には入りませんよね。また、どちらも「海の中にある」と言っている以上、日本の『本土』の中にはない、って事になります。

それと同じ事で、「楽浪海中、倭人あり」は、『楽浪郡に接する海の中に倭人が住んでいる』という意味で、当然、楽浪郡の“本土”には倭人は住んでおらず、倭人が住んでいるところが楽浪郡の一部かどうかは、楽浪郡が本土以外にどこまでをその領域にしていたかによって決まる、って事です。

その直ぐ後に続く部分で、倭人が百余りの国に分かれて(楽浪郡に)定期的に『朝貢』してきた、という意味の事を言っていますし、楽浪郡が“本土”以外(ごく本土に近い小島ならわかりませんが)に領域を広げていた事を示す資料もありませんので、倭人は楽浪郡の《中》には住んでいなかった、と考えるのが合理的です。

「楽浪海中、倭人あり」は、楽浪郡の“本土”部分以外の海の中に倭人が住んでいた、という意味でしかなく、それを「楽浪郡に倭人にいたことになる」と解釈するのはそりゃ間違いですよ。


(ご参考)

漢書地理志以前及びほぼ同時期に書かれた書物にある「倭」に関する記述として…

戦国時代から前漢にかけて書かれた山海経という“伝説的な地理書”では、「蓋國在鉅燕南倭北、倭屬燕」とあります。これは、「蓋国」という国が鉅燕(文字通りの意味としては大きな燕か?)の南、かつ、倭の北にあり、倭は燕に属している、と解釈されています。戦国時代の燕は、現在の北京近辺から東北方向に広がっていた国ですから、古代中国での一般的なイメージからしたら、「倭は北の方にある」と理解されたし、山海経のこの部分を書いた“誰かさん”もそういうつもりで書いたのはほぼ間違いないところです。

一方、漢書とほぼ同じ時期に書かれた王充の『論衡』には、「周時天下太平,越裳獻白雉,倭人貢鬯草。食白雉,服鬯草,不能除凶」とあります。周の時代には天下泰平で、越裳は白い雉を,倭人は鬯草を貢いで来た、(しかし)白い雉を食べ,鬯草を服したが,凶事を避ける事はできなかった、って意味です。で、倭人が貢いで来た「鬯草」の「鬯」とは香草(転じて香草をつけた酒)を意味し、一般的なイメージとしては「香草は南方から来るもの」だったので、こちらでは「倭が南の方にある」というイメージで書かれ、かつ読み手もそういうイメージをもった可能性が高いです。

つまり、漢書が書かれた頃、あるいはそれ以前は、「倭の存在する方角」のイメージすら確立されていなかったかも知れない、って事です。これが3世紀初めの(俗に言う)魏志倭人伝になると、朝鮮半島を経由して倭に着いて、倭自体は相当南の方に広がった(現実の日本列島とはかなり違う)巨大な地域、って事になっています。(ある意味では、「倭は北方にある」&「倭は南方にある」という二つのイメージが結果的に統合された、とも言えるかも…)

何が言いたいか、というと、「地理的な知識」が不十分な時代の記録って、「それをそのまま信じて語れない」リスクを意識する必要がある、って事です。

  • 質問者

    ひでおさん

    2017/4/1321:44:45

    たびたび、ご回答ありがとうございます。

    帯方郡がなかった時に漢書は書かれており、楽浪郡には倭人がいなかったのですね。

    【余談】

    帯方郡の地名には、遼東半島の地形のイメージがあるので、その北にある楽浪郡は楽浪海との連想から、渤海沿岸と思ってしまいますね。

    もし、帯方を遼東半島とすれば、楽浪海が帯方(遼東半島)の北にあることから、楽浪海は、黄海ではなく渤海ということになりますね。


  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/4/19 03:21:29

皆様ご回答ありがとうございます。

漢書は帯方郡のない時に書かれ、楽浪郡に倭人はなく、遼東半島に帯のイメージはなかったのですね。

楽浪郡の海の中、つまり島に倭人がいるのですね。

中国東北地区に留まった倭人・倭族が記されたのですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

みらいさん

2017/4/1311:00:55

「楽浪海中に倭人あり」
の訳が少し変というか、独特な解釈ですよね。

一般には「楽浪海に倭人がいる」ではなく「楽浪の(先)の海の中に倭人がいる」
と理解されています。

そもそもの疑問は、倭は楽浪海にあるのだという命題からはじまっていませんか。
そうすると質問者さんのいうような疑問になると思います。

楽浪郡の先にある海の中、つまり島に倭人がいる。
やがて三国時代になると魏は楽浪郡の名は残したものの中核は帯方郡となり、帯方郡に入らなかった北部を楽浪郡としています。

ですから、帯方郡を中心に考えれば、南部に韓族がいて、そのまた先の南の海に倭人がいて、海で接しているという理解で問題ないと思います。

要するに「楽浪海中」の意味の捉え方が変ると、質問者さんのような疑問につながるのは当然です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sto********さん

2017/4/1302:24:19

倭人・倭族については、古代史を専攻された鳥越憲三郎氏によれば、黄河流域(中原)に住む人達が、長江流域に住む、文身(刺青)の風習を持つ人々を蔑んで呼んだのが由来と指摘されています。

倭人・倭族が本貫地を離れ、ある者は南下したり、あるいは東シナ海上を北上して山海関を越え遼東半島を経由して韓半島南端に至ったのですが、現在の中国東北地区に留まった倭人・倭族が記されたのだと鳥越氏は説明されています。

補足を読んで
以前同じような質問に回答した事がありますので、私の回答もご存じですよね。

日本列島に居住した人々が大陸に進出したという解釈ではなく、倭人と倭は意味合いが異なるのでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ejn********さん

2017/4/1301:26:39

何を根拠にしてのご質問でしょうか。
倭人は周の時代から中国に朝貢していたので、倭人の使者が楽浪郡に滞在したことはあると思います。
もっと良くご存知方がいると思いますので、お役にたたずすみません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる