ここから本文です

時効の援用後の信用情報について。

yos********さん

2017/4/1507:28:13

時効の援用後の信用情報について。

平成26年6月、時効の援用を弁護士事務所にてお願いをして手続きをおこないました。

援用の手続きをした業者は以下になります。

アコム(50万)
三洋信販(50万)
プロミス(10万)

アコム、三洋信販に関しては時効の援用が適用されました。
プロミスには裁判をおこされていたので、時効がストップ。
このプロミス分については、延滞金もついており、20万の返済を要求されました。
26年11月に個人信用情報の開示をおこないました。
JICC
CIC
JBA(全銀協)

JICCには、プロミス10万の方の情報が、延滞解消になっておりました。(保有期限1年)
CICには、三洋信販分の50万円の情報が、完済、とのっていました。(保有期限平成31年6月)
JBA(全銀協)には情報はなかったのですが、情報交流?CRIN?で、やはり三洋信販分の情報がでてきてました。

ここで質問ですが、アコム、プロミス分がなく、なぜ三洋信販分のみ情報が残っているのですか?
三洋信販がプロミスに合併されたから、プロミス分として情報が残っているのですか?

ちなみに、プロミス分の返済は平成28年2月に、2年かけて、返済終了しています。

現在は、クレジットカードも所有しております。
お詳しい方の回答をお聞かせくださいましたら、幸いです。

補足三洋信販分に関しては、時効手続き分だから、掲載させていたらおかしいのではないだろういか?とおもいます。
プロミスの支配下だから、仕方ないのでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,171
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tuu********さん

2017/4/1513:28:49

JICCとCICでは、加盟業者の届出を掲載しているだけです

時効援用は債権が消滅する訳では無く強制徴収が禁じられるだけです。従って、JICCではファイル消滅又は放置、CICでは貸倒れ又は完済となります

放置の場合以外は5年間で情報が消えます。届け出に関する考え方は業者によりマチマチです

質問した人からのコメント

2017/4/21 20:18:27

ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

chi********さん

2017/4/1507:40:57

踏み倒して何を言っているの?(笑)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる