ここから本文です

ところで、江戸時代にピンク色はあったのかな?(´∀`) (絵画・芸術品から日用品ま...

一匹狼さん

2017/4/1519:59:50

ところで、江戸時代にピンク色はあったのかな?(´∀`) (絵画・芸術品から日用品まで)

補足たくさんのご回答ありがとうございます。 では、当時はいわゆるピンク色の持つ『女性らしさ』、『可愛らしさ』、『幼さ』をイメージさせたり、それらを象徴したりしていたのでせうか?(´∀`)

閲覧数:
252
回答数:
8
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

youseamitさん

2017/4/1603:17:56

伝統色を見ると鴇色が乙女色と言われる様です。又、桃色や珊瑚色と言う色、蘇芳や唐紅等あり、着物にも使われたと思います。珊瑚の簪等もあったと思います。江戸時代は贅沢を禁じて、特に農民等は茶や鼠色等に着物の色を限定された事もありました。色は発達して、銀鼠や那須紺等、色々あったと思います。

  • youseamitさん

    2017/4/1603:35:28

    鴇色は江戸時代に名付けられた様です。朱鷺の羽の色を表して、女性の着物に良く使われた様です。又、薄いピンクの薔薇色やビビッドなツツジ色、濃いめの京鹿子と言うピンクもあったようです。京鹿子は歌舞伎の京鹿子娘道成寺からの様で、娘色なのかと思います。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gor********さん

2017/4/1604:13:17

朱鷺色の蹴出しは江戸城大奥の御殿女中のユニフオームでした

fok********さん

2017/4/1520:52:59

紅鮭と言ってもサーモンピンクだから昔からあった

fel********さん

2017/4/1520:49:55

ボクは小学生でしゅが…

数学シャイエンシュカテの元カテマシュとしゅて回答しゅましゅ。

江戸時代前期までは色概念としゅてのピンク色はなかっただろ?でしゅ。

というのは浮世絵でボケた赤色はあっても、ピンク色…際だって彩度の低い赤は身近にはなかったと思いましゅね。

桃色もナデシコも濃い目のピンクで、色はあまり愛でられた形跡はないでしゅからね。
サクラはい種類によって花色がマチマチだしゅいね。

エドヒガンザクラなどもかなり花色は濃いでしゅね。

しょしゅて江戸末期に一代雑種のソメイヨシノが作出されると
一代雑種であるので、完璧に同じ花色、花期、旺盛な栄養体繁殖力によって日本の春を席巻しゅて

日本人の、いわゆるサクラ色の色概念を、文字通り、塗り変えてしまったと思いましゅね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

edo********さん

2017/4/1520:23:31

桃色はあります。桜と共に桃の花見も盛んに行われていました。
桃の節句には桃の枝を飾ったようです。

江戸では綱吉の作った中野のお犬小屋が綱吉の死後、廃止となり、桃の木が植えられ桃の花見の名所になったようです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

iii********さん

2017/4/1520:19:37

ももいろ
うすももいろ
さんごいろ
からくれない
いまよういろ
かいねりいろ
さくらいろ
うすさくら
ももいろ
ときいろ
ぼたんいろ
こうばいいろ
せきちくいろ
つつじいろ・・・
などなど

たくさんのピンクの色がありますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる