ここから本文です

特許事務所への発注の仕方で以下のようなやり方は嫌らしいでしょうか?

アバター

ID非公開さん

2017/4/1823:59:52

特許事務所への発注の仕方で以下のようなやり方は嫌らしいでしょうか?

1.前提
・出願案件としては2件、但しどちらも同じプロジェクトからの案件のため
記載する内容は似通った内容になる。

このような場合、特許事務所としては可能な限り労力を減らすために
両方の出願で互換性のあるような明細書を作成しようとするため、
基本的に記載の内容はほぼ同じものが出てくる。

2.問題点

・特許請求に記載の内容に対して、明細書での説明がどちらかに偏った内容になってしまうこと
(例えば:一つの発明が自動車のステアリングハンドル、他方がクラクションに関するものである場合ハンドルの出願なのに、クラクションについては非常に詳しく記載しているもののハンドルについて補正できる内容を記載してくれてない。もしくはその逆。審査段階で苦労することが目に見えてます。変に手を抜かれて苦労することが何回かありました。)

3.対策
そこで、たとえ似通った2つの出願であっても、出願日さえ揃えれば36条の適用も29の2条の適用もないので特にリスクないと思うので・・・

・2つの出願が存在する際は、特許事務所を2社呼んで一方を一社に、他方を他社に作成させ、原則として1社に一件を担当させる。
----> それによって特許事務所のサボらせない。

・優先権主張が必要な時は相対的に見て、充実した明細書の方を作成した事務所に案件を渡す。

----> 優先権は比較的おいしい仕事なので、将来の仕事のためにも頑張ろうとする。

こういうやり方はいやらしいですか?
というのも2件同じ事務所に出すと明細書の中身が全て一緒で、2件の独立した出願として充実した明細書となってる場合を見たことがない気がします。

逆を言うと、事務所からしたら、1件 + α程度の最小限の労力で2件分請求できるオイシイ仕事なのかもしれませんが出願人の立場からしたら迷惑な場合もあるので。

似通っていれば、どちらが手を抜いているのかもしくは能力が低いかもわかりやすいし、どうでしょう?やり方としてはちょっと残酷でしょうか?

閲覧数:
192
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

korishou1さん

2017/4/1912:32:54

別にいやらしいとは思いませんが。実際に、このような目的の為で無く、事務所労力分散のために、複数事務所に発注てあり、外国出願の時にそれを1件にまとめて出すように依頼された事例は多数あります。
馬鹿な管理者がいて、26件の日本出願をまとめてPCT出願するように担当者から依頼され、、「後で苦労するから」と言ったのに「上司の命令」ということで、気が狂いそうになってやったら、案の定、不要となった物まで翻訳しなければならず、大変なことになりましたね。

只ですね。第39条の規定に引っかからないとして、似たような案件を複数事務所に発注すると、打ち合わせの手間が2倍近くかかることになりますが。

★「(例えば:一つの発明が自動車のステアリングハンドル、他方がクラクションに関するものである場合ハンドルの出願なのに、クラクションについては非常に詳しく記載しているもののハンドルについて補正できる内容を記載してくれてない。もしくはその逆。」
そんな事務所は使わないことですね。

★「逆を言うと、事務所からしたら、1件 + α程度の最小限の労力で2件分請求できるオイシイ仕事なのかもしれませんが」

いまどき、国内優先出願に対して、新規出願と同じ料金を支払っているような会社は無いと思いますけど。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/04/2317:25:06

    kurike さんへの回答を参考いただければ。。。もしかしたら言葉足らずだったかもしれません。

    >いまどき、国内優先出願に対して、新規出願と同じ料金を支払っているような会社は無いと思いますけど。

    価格協定表みたいなのがあります。標準価格をたしょうやすくしてもらったようなものでかれこれ数十年なるのかな。。。分割や優先権は
    新規出願と同じ料金と支払ってる代わりに、新規出願や中間処理を結構安くしてもらってます。

    >、26件の日本出願をまとめてPCT出願
    こんなアホな知財担当にあたったら最悪ですね。「こちらにも顧客を選ぶ権利がある」と主張したくなりますね(笑)

    経験が浅い人だったのかな?(それにしても26なんて具体的数字を出して大丈夫??)

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kurike7さん

2017/4/2112:07:34

特許事務所を2社を「同時に」呼ぶの?
それで、「良い出来のほうに、優先権主張させるよ」と、依頼前に宣言するの?

それはいくらなんでも酷いよ。
せめて、互いの事務所どうしが、その計画を分からないようにしてあげなさいよ。

あと、「優先権は比較的おいしい仕事」という前提があるようだけど、ヨソの事務所の案件を基礎とする優先権は、結構面倒だったりするよ。「コンペで勝つ」くらいにマジメにやる事務所にとっては特に。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

gejiukさん

2017/4/1912:28:15

別に嫌らしくはないと思いますし、事務所としても特に困りません(受任件数が減るのは別として)。
ただ、もろもろの作業(例えば明細書の修正指示とか)が倍負担にになるので、結局は面倒なことになると予想します。

なお、記載が薄いならば、記載を厚くするように指示をすれば対応してもらえると思いますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。