ここから本文です

七宝作品に金メッキをかけたのですが、メッキやさんに出したところ、七宝の部分の...

sak********さん

2017/4/1902:51:25

七宝作品に金メッキをかけたのですが、メッキやさんに出したところ、七宝の部分の艶が全くなくりマットな質感になってしまいました。

一般に売っている七宝アクセサリーは艶が残っていますが何かやり方が違うのでしょうか。

メタル部分はシルバーで、七宝を焼成した後に18kメッキに出しました。

閲覧数:
115
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dcj********さん

2017/4/1911:59:28

http://www5.atpages.jp/shippou/yuuyaku03.html

このページの 銀用釉 銅用釉 のところをご覧ください。

耐酸性と非耐酸性の解説があります。

耐酸性ではない釉薬を使用されたので そうなった。
ということです。
メッキに出される場合は 耐酸性の釉薬を使う ということです。

X 銀素地だから銀用釉を使った
〇 後でメッキをかけるので銅用釉を使う

  • 質問者

    sak********さん

    2017/4/1919:02:22

    ありがとうございます。参考ページ拝見しました。
    なるほど、確かに銀なのでと思い銀用釉を使用していましたがそういうことだったのですね。

    銀用白透の上に銅用釉を使用するのがよさそうですね。

    大変勉強になりました!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

rin********さん

2017/4/1906:28:17

うっすらと曇ったのではなくて「マットな質感」つまりざらざらになってしまったのでしょうか?

七宝釉薬はご存知の通り金属成分を多く含んでいますので強酸には弱く、表面が曇ってしまうことがあります。しかし極く表層だけの変化なので、洗浄で元通りの光沢が戻るのがほとんどだと思います。ざらざらした質感になってしまったというなら、釉薬の成分が特殊であったか余程に強い薬品を下メッキなどの際に使用したかということになるのではないでしょうか。

七宝釉薬は何種類か施されているでしょうか?それで全ての色で同じように変化があるなら、メッキ工程に何らかの問題がありそうです。一色のみのものなら、その釉薬の成分に問題がある可能性も残ります。

ちなみに私は七宝製品にロジウムメッキをかけることが有りますが、ロジウムメッキ液は強酸(主成分が硫酸)ですが、マットな状態になってしまったことはありません。希硫酸で煮沸したときは、七宝表面がうっすらと曇ってしまいました(超音波洗浄で綺麗になりました)。

七宝釉薬が酸に弱いことを踏まえて、メッキ屋さんと相談するのが良いと思います。下メッキにも色々な方法がありますし、メッキ液も一様ではありませんので。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる