ここから本文です

【人類の学問は、学問モドキです(第三弾)】 konjyouaruzouさん、s_hyamaさん、...

nagaya_osamuさん

2017/4/2300:11:16

【人類の学問は、学問モドキです(第三弾)】
konjyouaruzouさん、s_hyamaさん、そして他の皆様へ、
長屋修です。

いつも相対性理論に関する質問が出てきますが、それには
より根本的な問題があって、下の㋑~㋭に列挙しておきま
すから、質問や御意見などを、御投稿してください。

予め、従来の学問の要旨を書き表しておきます。
*相対性原理は物理法則と表裏一体で抽象、数学化さ
・れ、物理法則は座標変換に対し不変(共変)である
・ことを要請する。ここで、ニュートンの運動法則が
・成り立つ場合をガリレイの相対性原理、それを電磁
・現象(光学現象を含む)にまで拡張したものがアイ
・ンシュタインの特殊相対性原理である。尚、アイン
・シュタインの特殊相対性理論はマクスウェルの電磁
・気の法則を満たしていて、その方程式はローレンツ
・変換に対し不変である。そして、アインシュタイン
・の運動学は光速度に対して十分に小さい運動を扱う
・場合はニュートンの運動学と一致するものであり、
・ニュートンの運動学を拡張したものと見なすことが
・出来る。更に等価原理に拠り、物理法則は加速度系
・においても同一としたのが一般相対性理論である。
次に、従来の学問の問題点を列挙しておきますが、詳しく
は【世界規模の間違い(第二部:論文集)】
http://st-nagaya.jp/
㋑複数の速度を一度に記述する際は、一つの速度基準
・を設定しなければならない(競争でゴールを一つに
・限定しなければならないことは子供でさえ知ってい
・る世界共通の常識=速度比較の原理)。
㋺光を反射させるには鏡が必要(子供でも知っている
・世界共通の常識=現象制御系と傍観系の因果律)。
㋩全ての系において同じ物理法則が成り立つと言うか
・らには、全ての系に共通する何らかの大前提がある
・筈である(その大前提とは、全ての系の時計や物差
・しなど計測機器の性能が同じであることである=必
・然性)。
㊁ある系に我々が乗っていて、その系を地球号と名付
・けておく。そうすると、地球号の回りには運動の相
・手となる他の系が数え切れないほど存在しており、
・よってそれら運動(速度)も低速度から超高速度に
・至るまで数え切れないほど記述される。この結論は
・他の全ての系についても同様に成り立つ(フィッツ
・ジェラルド=ローレンツ収縮は数え切れない方向に
・対して生じる…?!)。
㋭慣性運動(系)は、特殊相対性理論以前の、いわば
・持続の現象である(特殊相対性理論の結論によれば
・計測機器のズレは既に生じている筈)。

ちなみに、上記の㋑~㋭の内容に対して不服や反論があれ
ば、世界中の学者、専門家、そしてウィキペディア百科事
典など関係組織は総がかりで構いませんから、挑んで来な
さい(但し、反証に自信があれば、私の様に氏素性を明確
にし、日本語で論争を行うこと)。

閲覧数:
167
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/4/2320:33:18

どりゃあ
おりゃあを名指しするならリクエストせえや
おみゃあの疑問は光速度不変が成り立たない事が前提だがすが
おみゃあはまず光速度不変でない事を証明してから偉そうに言え
でなければ話にならんわ

  • 質問者

    nagaya_osamuさん

    2017/04/2418:35:09

    ★長屋修です。konjyouaruzou さん、貴方の反論は、以下
    の通り、まさに世界中の学者達が間違えたところを見事に
    表した回答です。
    ㋺の内容(証明)を見ていないのですか…?! 子どもでも
    知っている常識(光を反射させるには鏡が必要)をアイン
    シュタインは否定したのです。つまり、アインシュタイン
    は光速度不変を使って現象制御系と傍観系の因果律を破壊
    した特殊相対性理論を構築し、その欠陥を世界中の学者達
    は見抜けなかったというわけです。
    注目せよ。ウィキペディア百科事典の「物理学者」
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%A9%E7%90%86%E5%AD%A6%E8%80%85
    をよく見ること。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。