ここから本文です

『石炭火力をバイオマス(再生エネ)に転換できる! 三川発電所、東芝子会社』2017...

blu********さん

2017/4/2823:25:52

『石炭火力をバイオマス(再生エネ)に転換できる! 三川発電所、東芝子会社』2017/4/28


◆悪者視されている「石炭火力」が、「再生エネ(バイオマス)」に生まれ変わった。

出力は変わらずにリニューアルで転換。

こんなことができる?
ならば、石炭火力の設備はこういう形で将来も生き残れる?
100万kW規模でも可能だろうか?



◆世界の主要国(印/中/欧/米)の中で、日本だけが「再生エネ」の導入が大きく遅れている。
出力変動の大きい「再生エネ」を拡大するためには、まず大前提として、出力調整の苦手な「原発」と「石炭火力」が邪魔だ。

①本当は高くて危険で汚い「原発」は、最優先で、速やかに全て廃止宣言すべきでは?
②LNG火力に比較して発電コストは同等ながら2倍のCO2を排出する「石炭火力」の新規建設は計画中を含めて禁止して、LNG火力へ転換するか、このようにバイオマスへ転換すべきでは?



・・・

『東芝子会社、石炭火力をバイオマス発電所に転換』2017/4/28 ITメディア

「東芝子会社が運営する三川発電所(福岡県大牟田市)は、木質バイオマスと石炭の混焼による発電から、バイオマス主体の発電所にリニューアルし、2017年4月27日から営業運転を開始した。

CO2排出量を30万トン削減

東芝子会社のシグマパワー有明が運営する三川発電所(福岡県大牟田市)は、バイオマス発電所として営業運転を開始した。三川発電所が事業を開始したのは2005年5月1日、当時は石炭による発電だった。2008年から木質バイオマスと石炭の混焼による発電を開始し、2017年4月27日から東芝グループ初となるバイオマス主体の発電所となった。

主燃料はパーム椰子殻(以下、PKS:Palm Kernel Shell)を採用し、従来と比較してCO2排出量を年間約30万トン削減できる。PKSは主にインドネシアから輸入し、発電所に近接する三池港から年間約20万トン陸揚げするという。またPKSを最大3万トン貯蔵できるサッカーグラウンド約3面分の専用置場を発電所構内に設置している。

発電出力は5万kW(キロワット)で、一般家庭約8万戸に相当する電力を供給する。

東芝では、CO2分離回収技術や高効率発電機器の実証を行う開発拠点としても三川発電所を活用している。東芝やみずほ情報総研など13法人は2016年7月に、環境省が公募する「環境配慮型CCS実証事業*)」に採択された。2016~2020年度にかけて発電所から排出されるCO2の分離、回収する大規模な設備を建設し、評価を進めていく。

*)CCS:Carbon dioxide Capture and Storage、二酸化炭素の回収・貯留を意味する。

実証の中枢を担うCO2の分離・回収設備が、三川発電所内に建設される予定である。2016年7月の発表によると、1日に排出されるCO2の50%に相当する500トン以上のCO2を分離・回収する。2020年度までにCCS技術の実用化を目指す計画だ。」



・・・

<原発は本当は最も高い!>

◆発電しない原発の維持費: 震災後6年で8.4兆円
◆新規建設費(100万kW):1兆円以上(LNG火力700億円以下)
◆安全にならない安全化: 3.3兆円
◆福島原発事故収束: 9→22→70兆円
◆東海村・核燃再処理工場:廃止に70年 8千億円以上
◆廃炉:千億円/1基
◆核燃料サイクル: 12.6兆円
◆もんじゅの次の高速炉開発:数兆円?
◆中間貯蔵施設:再稼働で増える使用済み核燃料棒で増設要
◆MOX燃料費: ウランの9倍 石油より高い。再稼働で燃料費は上がる!
◆電源三法交付金: 総額9兆円
◆原発関連の随意契約/天下り/寄付金/広告宣伝費の無駄使い: 年間数兆円?
◆次の原発事故への賠償金の積立て/保険など: 行なっていない。また国民の税金頼み
◆核廃棄物の将来コスト: 百万年管理する建物の建築費だけで、軽く「数千兆円」超え
もしMOX燃料を使えばそのコストはさらに10倍に!
もし地層処分を強行すれば未来の日本が破滅

◆日本の発電コスト(/kWh)
・火力:石炭火力とLNG火力が約10円強で、石油火力は約40円
・原発:本当は200円以上!
・太陽光(H29年FIT):21円
※東電の電気料金:約29円/kWh


原発とは、自民党による日本最大/最悪の政/官/財の「利権・癒着構造」だ!

原発を維持すれば、電力市場は開放されず、電力自由化は骨抜きになり、日本企業だけが世界のエネルギー革命から置き去りにされる。
原発を再稼働して維持すれば、東電や東芝だけでなく、日本経済全体が衰退する。


バイオマス,CO2,三川発電所,石炭火力,東芝子会社,パーム椰子殻,お仕事ごくろ

閲覧数:
315
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hos********さん

2017/4/2917:43:37

原発は直ちにやめましょう
遅くとも10年以内にやめましょう
ほかの発電方法がいくらでもあります
こんな危険なことは直ちにやめましょう

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kim********さん

2017/5/310:31:19

バイオマスはガス化して ガスエンジンを回して 廃熱も売る ドイツ式のほうが熱効率がよく 出力調整も可能になります

それに九州には山林も多いのだから 東芝は パーム椰子殻なんか輸入しないで、国有林を間伐して、無人搬送車で舗装道路まで搬出するシステムを開発して、輸入はやめて 国内の雇用と 国内生産=国民所得を増やして欲しいですね

燃料を輸入する再エネなんて
高い価格で電気を買って 支えてやるメリットがありません

再エネは「国産品だから」奨励に値するのだと考えます

グローバル派の輸入狂はなんとかならないのでしょうか?

yod********さん

2017/5/216:53:11

【5月の電気ガス料金、大手全社が値上げ 電力10社とガス4社】

大手電力全10社の5月の家庭向け電気料金が4月と比べて値上がりする見通しであることが22日、分かった。火力発電の燃料となる液化天然ガス(LNG)などの輸入価格が上がったため。5月から太陽光や風力など再生可能エネルギーの賦課金が増えることも響く。

標準的な家庭の電気料金の値上げ幅は、沖縄電力が213円、東京電力が192円、関西電力が190円、中国電力が182円、東北電力と中部電力が179円程度となる。四国電力は169円、北海道電力は166円、九州電力は160円、北陸電力は153円程度、それぞれ値上げする見通しだ。

http://www.sankei.com/economy/news/170322/ecn1703220023-n1.html

火力発電の燃料費、再生可能エネルギー賦課金の負担が重い!

ブルートレインの嘘がこれを読めば明らかである!!

【5月の電気ガス料金、大手全社が値上げ 電力10社とガス4社】...

sis********さん

2017/4/2917:36:08

パーム椰子殻ですか。インドネシアにとっても朗報ですね。
また、CCSも興味深いですね。
情報ありがとうございます。

sak********さん

2017/4/2910:42:33

お仕事ごくろさんwwwwwwwwwwwwwww

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる