ここから本文です

高3理系で河合塾に通ってます。夏期講習中はテキスト以外にじぶんで買った問題集な...

アバター

ID非公開さん

2017/5/801:00:04

高3理系で河合塾に通ってます。夏期講習中はテキスト以外にじぶんで買った問題集などもやるべきでしょうか?それとも1学期のテキストの復習のみに専念すべきでしょうか?

閲覧数:
180
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ga_********さん

2017/5/801:29:48

スレ主さん自身の情報がわかりませんので、アドバイスしにくいのですが。
と言って、個人情報ですから、書き込め、というのも何なので…

雑に言えば、夏期講習にどれだけ時間がとられるのか、どのレベルを目標とするのか、私立・国公立どちらを受験校として基軸に据えるのか、答えが変わってくるかと。

高3理系で河合塾に在籍、ということは、国公立難関理系として勝手に書き込んでみます。あくまで私の見解ですので、別の回答をなさる方もいるかと思いますので、そのあたりはあらかじめご了承ください。

まずはセンター対策について
理系教科のセンター対策は、12月になってからでよいかと。
地歴公民は、できればこの時期にある程度仕上げておくとよいでしょう。
国語については、たぶん夏期講習の講座をとるのではないかな。その講座の効果を確かめるために、マーク問題集みたいなものを、勉強に余力があれば取り入れることをお勧めしておきます。
英語については、苦手ならばこの時期に英文法・語法と単語をしっかりと押さえつつ、長文を読む練習を入れておくとよいかと。

2次試験について
上記の通り、2次対策を中心に進めればよいかと。これも夏期講習で講座を受講するかと思われますので、そちらを中心に進めていけばよいでしょうか。
たぶん数学は1A2B対策の講座を取得していれば、それで復習になるでしょう。
数3はまずは基本的な計算や公式などがきちんと扱えるかの復習をきちんと行い、確実に正解にたどり着ける練習をしておくとよいかと。
余力がない場合には新たなテキストを投入するのは避けたほうが良いでしょうし、逆に問題の方針がわかっていながらなかなか得点にならない、というならば比較的薄めの問題集で、計算の途中経過を含めて、最後まで解きぬく練習が必要でしょうか。


現役生に不足することは、圧倒的に「扱う問題の量」ですから、時間に余力がある限り、問題にあたることが大切かと。
注意すべき点は、数学などは得意不得意にもよりますが、問題を前にして「方針指針を見つける」のに時間をかけてはいけない、ということでしょうか。
数学の問題はいろいろな方針や指針が頭の中に入ってくれば、自然と解けるようになります。ですから少し考えてどうしても解けない問題は、さっさと解説を読み込むことです。

英語は地道に文法・語法・熟語単語を増やしていくことと、文構造をつかんで解く、という方法に徹するとよいかと。もし今まで「英文はなんとなく読んでいた」というのならば、きちんと仕組みを理解する読み方を習得しておくとよいかと。

まだいろいろと必要なことはあるかと思いますが、
ダラダラと長く書きつつも、とりあえずこんなところで。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる