ここから本文です

ブロック注射にて先日、質問したものです。 腰椎椎間板ヘルニアとぎっくり腰の...

tsg********さん

2017/5/322:52:43

ブロック注射にて先日、質問したものです。

腰椎椎間板ヘルニアとぎっくり腰の両方が絡んだ腰の痛みがあり、

先日、硬膜外神経ブロック注射を2回行いました。

腰の痛みは、ほとんど良くなりましたが、

太ももの裏のしびれ、坐骨神経痛がまだ残っています。

この場合は、硬膜外神経ブロック注射を継続した方が良いでしょうか?

それとも神経根ブロック注射をした方が、良いでしょうか?

部位はL5S1です。

坐骨神経痛のみの場合は神経根ブロック注射はベストな選択ですか?

宜しくお願いします!

補足梨状筋症候群による坐骨神経痛ということも考えられますか?

その場合の対処方法は変わってきますか?

この質問は、ski********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
966
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ski********さん

リクエストマッチ

2017/5/408:48:21

痛くてもすぐに治したいなら神経根ブロック、痛くない方法でゆっくり治すなら硬膜外ブロックです

ヘルニアか、梨状筋ブロックか
梨状筋への局所麻酔注射(梨状筋ブロック)で鑑別出来ます
痛みがとれれば梨状筋症候群、とれればヘルニアです

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる