ここから本文です

陽イオンの定性分析です

アバター

ID非公開さん

2017/5/616:00:27

陽イオンの定性分析です

CuSに硝酸を加えました。1分間煮沸すると、うすい水色溶液と黒色の沈殿に別れました。

この場合、黒色のものは何なのでしょうか?

閲覧数:
222
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xoo********さん

2017/5/618:16:04

混入している金属イオンの量が少ない硫化銅(Ⅱ)であるなら
単純に加えた硝酸の量が少なかったことが原因として考えられます。

上記の原因以外にも今回、金属イオンの定性分析を行っていることから、
CuSだと思っていた黒色固体はCuS以外にもHgS等の金属硫化物だと
思います。そうであるならHgSを除くのAg₂S等の金属硫化物は
希硝酸に溶解するので、溶け残った黒色固体はHgSであると思いますし
場合によっては私が上げた二つの可能性が同時にあるかもしれません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる