ここから本文です

身内の不幸から立ち直れません。 祖父が亡くなり、一周忌が過ぎました。 未...

アバター

ID非公開さん

2017/5/1000:00:30

身内の不幸から立ち直れません。


祖父が亡くなり、一周忌が過ぎました。
未だに、昔の手紙を見たり、祖母からのどれだけ私が大切にされていたかなど昔話を聞くと涙が止まらず、何日も気分

が落ち込んだままになってしまいます。

祖父とは、私が生まれてから大学に進学するために家を出るまで、ずっと一緒に暮らし、特別に仲が良かったので、二人きりでよく旅行にも行きました。

突然の不幸のため、死に目に会えず別れを言うことができませんでした。
また仕事が多忙のため忌引きをもらえず、葬儀のみやつと出席できましたが、四十九日や一周忌に休日はもらえずこれらも出席できませんでした。

最期の別れが出来なかったのが、一番心残りとなっていて、未だに気持ちが踏ん切りついていないのではと思います。


どうやったら、気持ちの整理がつくでしょうか。
皆さまのアドバイスをお願いいたします。

閲覧数:
494
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pek********さん

2017/5/1000:51:11

いい思い出がたくさんあってうらやましいな。おじいさんの分あなたが残っているおばあさん大事にしてあげてね。思い出して泣いたっていいんだよ。

アバター

質問した人からのコメント

2017/5/16 08:42:34

ありがとうございました。
1番かけてもらいたかった言葉かもしれません

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

man********さん

2017/5/1013:55:21

ご愁傷様でした。

あなたも良いおじいさんがいて、おじいさんも良いお孫さんがいて幸せです。

人は2度死ぬと言われています。1度目は肉体の死、2度目は人の記憶から消えた時です。あなたがおじいさんの事を考えた時、おじいさんはあなたの空の上であなたを見守っています。

死に目に会えず、お別れが言えなかったというのも普通によくあることです。
あなたが、時に、おじいさんのことを思い出して会話するのが良いですよ。あなたがくよくよしているのをおじいさんは望んではいません。

zi_********さん

2017/5/1007:31:32

そんなあなたを祖父はどう思うんでしょうね。
「それほどまでに私のことを思ってくれて嬉しいよ!」なのか「ありがたいけど何時までもそう思うよりも、ちゃんと前を向いて頑張ってほしいし、おばあちゃんのこと頼むな!」
あなたはどちらだと思いますか?

祖父の期待に応えるためにも、是非気持ちを切り替えて前に向かって進んでほしいと思います。

…でも、祖父が羨ましいですね。

mii********さん

2017/5/1007:17:19

それが人という生き物なのだから、仕方ないのではないですか?割りきって健康的にぱりぱりっと前向きに歩く理想とかけ離れていて辛いのですね。一生にそう何度もあることではないと思いますが辛いですよね。
例えばお爺様と共に歩いた思い出の京都で、一つ京念珠をお買い求め、肌身離さず持つとかなら、出来そうですね。お数珠の環になって閉じている形にも意味があって、世の中は一つ、別れた人ともひとつにつなっている意味みたいなものを感じられるとすこしは救われるのかな?と思います。高い壺とかは要りませんよ。小さなお数珠ならカバンに入れて密かに持ち歩けます。
人っておかしな生き物なんですよ。だから素晴らしいのではないかしら?
こころに平穏が訪れますように祈ってます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる