ここから本文です

小林麻央さんは鎖骨辺りに濃い栄養素を送るためポートを作られたようですが、胃ろ...

アバター

ID非公開さん

2017/5/1321:05:04

小林麻央さんは鎖骨辺りに濃い栄養素を送るためポートを作られたようですが、胃ろうや腸ろうとはまた異なりますか?

胃ろう・腸ろうは、麻央さんよりもっと重症な意識が不明な方などが設ける

ものですか?

麻央さんタイプの患者は、いずれ鎖骨辺りのポートを取り除き、普通に食べられる見込みはあると考えられますか?
栄養素が行き届いて体力が回復するか次第ですか?

閲覧数:
6,190
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/5/1408:45:51

身内ががん患者で鎖骨の下にポートを埋め込んでいます。身内の場合は抗がん剤点滴が目的ですが。
理由は自宅で療養したかったからです。ポートによる点滴は簡単な研修を受ければ家族が自宅で点滴をセットしてあげられるのですよ。だから在宅療養できる。それが大きいです。病院で必要な薬液のパックをもらってきて自宅で家族がセットしてあげればいいのです。

それともう一つは麻央さんの場合もそうですが、繰り返し血管に点滴の針を刺し続けていると、もう血管から点滴ができなくなるんですよね。血管がダメージを受けてしまって針を刺すところがなくなるっていうか。だからポートを埋め込むというのもありますね。

麻央さんは帰宅を強く望んでいますので、食事をとれない現状で帰宅するための
手段としてポート埋め込みを選択したのではないでしょうか。

アバター

質問した人からのコメント

2017/5/20 13:56:17

詳しくどうもありがとうございます。
麻央さんは最近はスープなどは摂られてるようですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/5/1420:11:35

点滴の針刺すところが亡くなる前にline確保したのかと
在宅するよりもこのままホスピスケアの方がいいと思いますが

nonhoiiさん

2017/5/1321:24:54

IVHでggr。体力が落ちたというよりというより食べられなくなったのでは?食べたものの消化もエネルギーが要ります。必要量食べられ吸収できるようになればはずせるかもしれません。点滴で直接栄養を流し込み胃腸への負担がかかりません。早期に行うことが多く、胃ろう・腸ろう、鼻腔栄養はは長期覚悟です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。