ここから本文です

新聞報道によると川崎重工業は高速船「ジェットフォイル」を25年ぶりに建造する。...

l25********さん

2017/5/1707:13:14

新聞報道によると川崎重工業は高速船「ジェットフォイル」を25年ぶりに建造する。発注元は東海汽船で、建造費は約50億円。


なぜ、割高で古い技術にこだわるのでしょうか?

ナッチャンを建造したオーストラリアのインキャット社ならばもっと安価に高性能な船を作れるのに不思議です。
http://www.incat.com.au/

閲覧数:
213
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tin********さん

2017/5/2020:17:37

メンテナンスを25年間 川崎重工業が行う契約。確かにボーイングの40年前の設計だから
川崎重工業が2037年までメンテナンスする契約なのでしよう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lif********さん

2017/5/1715:32:18

オーストラリア製のは大き過ぎるんじゃない?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2017/5/1712:38:27

安価ですが、遅いです。

ウエーブピアーサーは、今回のジェットホイルより比較的大型で、貨物も積載するものは有利ですが精々40ノット程度、ナッチャンworldは積載時には38ノット程度です。

Boeingライセンスのジェットホイルは50ノットです。
これは150人ていどの旅客だけを輸送する場合、足が速い分、便数も多く取れて、
特に貨物は他の船で輸送する東海汽船の場合は、旅客や郵便だけでも台風が来る前に、早くいって早く帰ってこられるジェットホイルがいいのです。

結局は、奄美大島等日本の離島航路は、ウエーブピアーサーが不利です。
ナッチャンシリーズは100トン型高速フェリーとして津軽海峡に就航しましたが、運用コストや漁船に対する引き波対策もふくめて日本での運用は不利なようです。自衛隊の緊急輸送のためには有利であるので、worldだけが、係船されているのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

ぶーさんさん

2017/5/1707:19:27

他にもジェットフォイルを所有しているので、部品の供用やメンテナンスの統一などの理由があります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる