ここから本文です

人間関係、人付き合い、ママ友との付き合いについてアドバイスを下さい。 自分は...

アバター

ID非公開さん

2017/5/1913:21:42

人間関係、人付き合い、ママ友との付き合いについてアドバイスを下さい。
自分はもともとネガティヴ思考なのですが、それにしても周りの人たちから避けられてる気がしてなりません。
仲の良い

間柄の相手が何故か突然離れて行く事がよくあるのでその度自分を振り返るようにしています。離れて行った人たちに共通するのは自分が相手や相手の子どもを褒め過ぎてしまっているかもしれないということです。
褒めるというか、素直に発言しているのですが度が過ぎるのか、それとも上から目線に感じられてしまうのか。
よく褒めるのはやはり嫌味のように捉えられたりするものですかね…。

昔は友達が直ぐにでき相手から寄って来たものです。が、年齢を重ねるごとに人との付き合い方がわからなくなってしまったことに原因はあるのかなと思っています。
仲良くしていただくことが嬉しくて会話を探し、時には言わなくて良いようなことや使う言葉を間違えてしまい相手に誤解を与えてしまったり、褒めてしまう癖がいつの間にか身についてしまったようです。
さらに誤解を与えた相手に「本当の自分はこんなんじゃないんだ!あなたと仲良くしたいだけなんだ!」という思いで言動するため空回り…。結局上手くいかないのです。

こんな事を考えては自己嫌悪になり落ち込んでしまい、避けられている方と顔を合わせる度に毎日苦痛です。
今後どのように人と付き合って行けば良いのでしょうか?避けてる方々との付き合い方はどうしたら良いのか、ぜひアドバイスを下さい。

閲覧数:
726
回答数:
8
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tsu********さん

編集あり2017/5/1920:23:39

私自身、全く一緒の事が多く起こりました。私も、相手を本当にスゴいと思って、その通り言葉を口にしておりました。そして結果として、突然攻撃されたりして結果として離れていく人が多かったです。
誉めるって楽じゃないですか?一方的な善意の押し売り。言って悪い気はしないだろうと思ってしまいがちです。そして、誉めることのリスクに気がつきました。
・交友関係をカースト化させやすい
誉められた相手は、誉めた側を無意識に下に見ることがあります。そして最悪マウンティングの対象にされたことがあります(汗)
褒め方によっても、褒めた後に自分を卑下した言い方を付け加えると、周りの人と自分をランク付けしている腹黒い人なんですって。
・相づちが限られる
誉められた相手の返答って「そんなことないです」に限られませんか?そんなの本当に面倒です
・見当違いな褒め方は相手を不快にさせる
うちの子は少食すぎて悩んでいるときの会話「昨日なんて、うどん10本位しか食べなくて」「10本数えてるなんてすごい!母親の鏡!」「一昨日の晩御飯なんてスイカしか食べない」「スイカ食べるなんてすごい!うちの子食べないから羨ましいと思っちゃった」わかりますか?そういうことをいってるんじゃないんです笑
私自身、誉められるの嫌いです。褒めるのはよくするのに笑

褒められて嬉しい相手を考えたときに、親、先生、上司、と、目上の方ですよね。そう考えたときに、友人から褒められると立場を勘違いさせてしまうのだと思うのです。

第一、褒めることは必要でしょうか。自慢してくる相手には褒めてもいいかもしれません。でも、あんまり自慢ばかりな相手には距離をおいた方がいい気もします(笑)
落ち込んでいる相手に「あなたは頑張ってるよ。いつも偉いと思ってるよ」は、褒めるよりは「励まし」だし、料理が上手ねと言うにも、「美味しい!すごい!」と言えばそれは「感想」だし、「感謝」にもなり得ます。

相手を喜ばせる事で一番有効なのは「共感」であると思います。
相手がツラい思いをしていたら「大変だね」嬉しい思いをしたら「良かったね!嬉しいね」
それだけでかなり円満な関係を築けると思います。私も模索中ではありますが(笑)

アバター

質問した人からのコメント

2017/5/25 21:02:00

皆さまアドバイスやご回答ありがとうございました!勉強になりました。具体例を挙げてわかりやすく教えていただいたtsuchy1206さんをベストアンサーに選ばせていただきました!限られた相手に褒めて欲しいものだし、スイカの例えはまさに私がやっていたことでした…どうにかポジティブに、という思いからやっていましたが客観視すると確かに見当違い…気を付けないと嫌味っぽい奴ですよね。教えていただきありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

k24********さん

2017/5/2123:06:22

普通にしてたら いいと思いますが。
でも ママ友にウェイトをかなり置いてる人は私は苦手ですけど。
その ママ友と同じ空間にいる時はお子さんは居ない状況なんでしょうか。
もし 公園や児童館 園庭でお子さんが小さいにも関わらず 自分の友達作りやママ友の事優先してる人はまず 友達になりたくないです。
そもそも友達なんて 自分の人生振り返って沢山の数の人と出会い 気を遣い 時には悩み人間関係を気にかけてきたにも関わらず
結局 現在 時間を気兼ねなく共有出来てる相手なんて一握りです。結局気を遣っても 遣わなくても同じです。どんな自分でいても 合う人 合わない人の数は対して変わらないと思います。
だから 自然にしていれば大丈夫だと思います。
私が注意してる事は ママ友を作る事なんてどうでも良くて 子供の親として 最低限のマナーは自分なりに守る事を考えてます
あまり 喋ったり 群れたりしない方でも 見てれば分かります 立ち振る舞いで。
いつか 子供達だけで遊ぶ年齢になった時に親の感じを把握出来ていると言うだけでも
お互いの家庭に置いて安心して 遊びに出せるからです。子供の友達関係には口は出しませんが 極力 適度な距離感を知ってる家庭や親だとトラブルになりなくいかなと個人的には思ってます。

cmj********さん

2017/5/2007:32:06

褒め過ぎや、そこ褒める?みたいなのは相手をうんざりさせてしまうことがあります。

私のママ友は少し天然で悪気は無く本心からなんですが相手を無駄に褒め過ぎる傾向があります(^^;)
軽く褒められたら有難いですが長々褒められると返答にすごく困ります。
ママ友本人も褒め過ぎに気付いてて「パート先の人誉めたらうんざりした顔された。また失敗した〜。」と言ってます。

あと、褒めポイントがズレていて傷付くことがあります。
例えば私は肌が脂性で毛穴も開いててとても綺麗な肌とは言えないのに、天然ママ友が肌をまじまじと見て「前から美肌だと思ってたの!マジできれいだよね!」と大きな声で褒めてきて、近くには他のママも沢山いたし恥ずかしくてしつこくて肌に悩んでいた私には嫌味にしか聞こえず本当に腹が立って大勢の前で恥かかされたと数日凹んだことがありました。
(ママ友は目が悪いです…夫にも確認しましたがやはり私は肌汚い方なんです…)

いくら善かれと思っても相手が嫌がったり傷つく褒めだとダメです。
さすがに質問者さんはこんな失敗はされてないかもしれませんが(^^;)

あと他の方も書いてるみたいに本心が分からない人と思われてる可能性はあるかもですね。調子が良い人と思われたりおべっか使ってるように見えてしまうとか。

偉そうに書いてますけどママ付き合いは難しいですね相性もあるし。私も悩みます。
ママ付き合いは程よく軽めが自分も相手も負担にならないと思います。
相手が本当に避けてるかは分かりませんが挨拶だけは忘れず。あまり考え過ぎないようにしましょう。

plm********さん

2017/5/1921:37:45

目が合えば笑顔で挨拶。話し掛けられたら笑顔で返す。常識的に。あとは、避けられている、というなら去る者は追わず。です。他に合いそうな人を見つけて楽しくお喋りでもして下さい。ママ友なんてうわべでいいんですよ。

kon********さん

2017/5/1921:10:46

自分がどうすれば良いのかだけに陥ってませんか?

相手が求めている反応をしていますか?

相手の本当の心の中は分かりづらいですが、相手の言葉や表情にヒントがありますよ。

褒められたい時もあります。共感して欲しいだけの時もあります。同情して欲しい時、他人の見方を知りたい時、意見を聞きたい時、たしなめてもらいたい時…

相槌を打ちながら、何を求めているのかを探っていき、会話を続けることが良い付き合いに繋がると思いますよ。

chi********さん

2017/5/1914:28:14

素直に褒められた場合はそんなに嫌な気持ちにならないものですけど…お世辞に聞こえるような感じなのかしら?
もし根拠も理由もなしに相手を崇め奉るようにホメてたら、それはおっしゃる通りちょっといい感じはしないかもしれませんね。「あなたそんなことよくできるわね。凄すぎてあたしにはできないわ。」みたいな印象…相手の方はあなたから距離を置かれてるように感じるのかも。

人をホメるときは短く軽い感じのほうが好まれますよ^^「いいね!それ!」「すごいね、やるね~(笑)」とか。言葉の内容よりも笑顔とともに感動を言葉に乗せてあげるイメージです。そうすると相手の人が「最近やっとできるようになったのよ~」とか「でもこういうことがあって困ってるの」とか、会話にバランスを取ろうとして少し謙遜ぎみに会話の切り口を作ってくれると思いますよ。

会話の目標を「人に好かれること」ではなくて「感動を共有すること」に切り替えてみてはいかがでしょうか?「感動」というのは文字通り「感性を動かされること」です。ネガティブなことでもポジティブなことでもいいんです。同じ空間で同じ物事に同じ感性で心が動いた時に、人は友達になるのですよ^^

ちなみに、もう悪評のレッテルを貼られてしまっている場合は思い切ったことをしなければなりません。「あ、この人本当は面白い人だったんだ!」と人から興味を持たれることが一番手っ取り早いです。「面白い」というのは「ギャップがある」ということです。自分の予想とは違う事柄が起こると人は面白いと感じて興味を持ちます。もし普段あなたがネガティブで小さな声であいさつをするような方であれば、思い切って笑顔で「おはようございます!!」ってさわやかに言ったらいいんです。

イメージとしては自分の子供になってほしい大人の姿を演じるといいと思います。そうすることであなたは素敵な大人になっていきますし、子どもはその姿を見ていますから子どももまたあなたと同じように素敵なお子様になることでしょう。
1日目はまずは笑顔から。2日目は挨拶、3日目は目を合わせてニッコリ、4日目は人の話に相槌をする・・・・などなど1日1つでいいんです。できそうな小さな目標を立てて意識して実行することで確実に変わりますよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる