ここから本文です

溶連菌感染症の抗生物質について質問です。

アバター

ID非公開さん

2017/6/111:27:00

溶連菌感染症の抗生物質について質問です。

3歳の息子が昨日の朝から発熱したので病院で診察したところ、溶連菌感染症と判明しました。その後、処方箋を貰い、近くの薬局に行ったら、「お薬5日分ですけど、また来院するように言われたんですか?」と聞かれました。言われてない旨伝えると、「普通は結構長く飲むんですけどねぇ〜」とハテナ顔。「では、お薬がなくなる頃にもう一度診察受けてみてください」と言われ、その場は帰宅しました。
帰ってよくよく考えたら、そういえばお姉ちゃんの時は、お薬を10日くらい飲んだあと、尿検査もしたような…と思い検索してみたら、やはりどれもそのように書いてあります。尿検査の件も再来院の件も何も言われてないのですが大丈夫でしょうか?
ちなみに、処方されたお薬は【ファロムドライシロップ小児用10% 100mg・ビオフェルミンR散】の混合薬を1日3回で5日分です。
どなたか教えてください。よろしくお願いします‼︎

閲覧数:
1,347
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ku6********さん

2017/6/115:21:53

薬によって飲む日数が違います。
ペニシリン系抗生剤であれば10日間、セフェム系抗生剤であれば7日間。
ファロムは比較的新しい薬でペネム系だそうです。

何日飲むかは書いてないのでわかりませんが、
溶連菌そのものは、抗生剤を飲んで3~5日でよくなります。
菌そのものはそんなに強いものではないので。

ウチのかかりつけの小児科の先生は薬によって5日の場合もありますよ。
最近は早期に診断されるので5日でも問題ないそうです。

病院の近くの薬局なら大抵は先生の処方を知っているのでそんなことは言わないんですけどね。
最近は尿検査もないところが多いですし。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「溶連菌感染症」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pwd********さん

2017/6/112:31:36

溶連菌感染で急性糸球体腎炎になる可能性がありますが、それは抗菌薬を長く飲んだからと言ってその可能性を低くできませんし、治療後に尿検査をして急性糸球体腎炎を早期発見したとしても別にやれる事はたいしてないので、無症状患者に対するルーチンでの尿検査の必要性は否定されています。

長く飲むことによるメリットは溶連菌感染後のリウマチ熱だけですが、現在、リウマチ熱の新規発症はほぼないと考えれており、昔ほどは長く飲む必要性はないとされています。ただし、なんでファロムか? という疑問は強く強くありますが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる