新築一戸建てについて 注文住宅を建てた方のみお伺いします みなさんは間取り、色決めなどどれくらいの期間をかけましたか??

新築一戸建てについて 注文住宅を建てた方のみお伺いします みなさんは間取り、色決めなどどれくらいの期間をかけましたか?? 私たちはすごく時間がなく毎週色決め、コンセント、外壁等毎週打ち合わせでクタクタになりました・・・トータル一ヶ月半で全部決めました。普通がわからないんですが早すぎませんか?? 建つ前からもう後悔してる部分があり(トイレが狭い収納少ない、庭が狭くなった、無駄に建物面積広く35坪から45坪へ。予算かなりオーバー等)直したい部分があってももう遅い状態です。 よく3回建てなければ理想の家は建たないと言いますが実感しております・・ 住めば都という言葉を信じてインテリアなどでリビングの狭さなどをカバーできればなと思ってます。後悔してる部分はみなさんどうやってカバーしてますか??

注文住宅787閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

我が家は打ち合わせだけで4ヶ月掛かりました。間取りも広いリビングが欲しかったので如何に広くするか、広く見せるか。和室はどこに配置するのが一番広くなるのか。など建築士さんと案を何度も練って話し合いました。また、どうしても譲れない部分は書き出してきちんと間取りに取り入れて貰うという作業を繰り返ししました。 外壁なども見本だけでは分かりにくかったので、実際に貼ってらっしゃるお宅を教えてもらって見に行ったりしました! 導線についても、我が家はリビングとキッチンから脱衣場お風呂場へのアクセスを可能にしたり、お客さんが来られたときにリビングではなく直接和室に入っていただけるように、玄関から直接のアクセスに。普段は扉を開けてリビングと繋がるようにしています。 2階は三部屋作りましたが、将来子供部屋として使う予定の二部屋は子どもが一人か二人か分からないので間仕切りは後々着ける形にしました。 私たちの場合は、間取りにかなり時間をかけて、配線や壁紙は意外と早く決まりました! メーカーさん(PanasonicやLIXIL、TOTO)のショールームへは何度か足を運んで、床の色など何度も確認しました! また、以前にすんでいた家具をそのまま持っていきたかったので、家具の大きさなども図って伝えてピッタリにしてもらいました。それでもあぁこうすればよかった!など後悔はありますよ。でも、住めば都。その通りだと思います。

4か月かけれたのも外壁の実際のお宅も見れたの羨ましいです!外壁あんなちっさいサンプルじゃ決めれないですよね(笑)ショールームも一回ずつしか行けなかったのでもう少し説明聞いてから決めたかったな~とも思います。まぁ今更言ってもしょうがないので慣れるのみですね!まだ基礎なのでこれからできたら愛着もわくのかなと思います!ありがとうございました!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん貴重なご意見ありがとうございました!!あとは出来るのを楽しみに、インテリアでいい家を作っていきたいと思います

お礼日時:2017/6/5 10:44

その他の回答(10件)

0

>建つ前からもう後悔してる部分があり と言う事は、まだ完成も引き渡しもすんでいないと? >無駄に建物面積広く35坪から45坪へ。予算かなりオーバー等)直したい部分があってももう遅い状態です。 契約前なら、予算内に収まるように設計のやり直しを。 契約後なら、契約違反なので抗議し、契約と同じ規模・金額にさせましょう。 とにかくすべての作業をストップさせ、納得できる内容に修正しましょう。 もう遅いなんてことはないですよ。

すべての作業ストップなんてできるんでしょうか・・最終打ち合わせも終わってしまってそんなこと言える勇気ありません・・・^^;HMさんが悪いというよりは自分たちの準備不足知識不足が招いたことなのでいつか立て直すときにでも今回の反省点を活かしたいと思います

0

今年2月に新築で平屋を立てました。 うちは7月に最初の打合せをして同じようにあヶ月半くらいでほぼ全て決めました。 ハウスメーカーと打ち合わせをしていて表面積(壁,窓)が増えるとそれだけ価格が上がるといわれました。 当初中庭やサンルームも考えましたが,最終的に長方形の家になってしまいました。 設計士に「外側はシンプルにしても,実際に暮らすのは家の内側ですから,こだわりは内側に向けてみてはどうですか。」と言われました。 その一言であまり外観にはこだわらなくなりました。 広縁に無垢材をつかったり,DKに土間をつけたりと楽しい家づくりになりました。 うちでこだわったのは, トイレの広さ(1.25畳分),書斎の本棚(7畳の部屋に14本),広縁(6畳・無垢材使用),窓に電動シャッター,太陽光パネル,ミストサウナ(ギリギリのタイミングで付けました),DKの土間(2畳) こうしておけば良かったところ ・廊下をあと1/4畳分広くすれば良かったこと です。 全部自分たちで決めたので大きく後悔したことはありません。 快適に暮らしています。

0

1カ月半で決められたなんてすごいですね。 我が家は半年かけて決めるはずが、打ち合わせが長引いてしまい、終了まで10ヶ月もかかってしまいました。 その後地鎮祭・着工まで1カ月半あったので、約1年経ってようやく建て始めた感じです。 早く立つに越したことはないと思いますよ、それだけ長い年月暮らせますから。 建物面積は広いに越したことはないと思います。 私など、もう少し広くすれば良かった・・と完成前から思っておりますが、将来的にも増築の他手段はないです。 でも住んでからいろいろ工夫はできると思いますよ。

0

昨年建て替えをしました。家づくり本当に楽しかったです。 17坪の狭い土地に3階たての家。一昨年の12月に営業さんが持ってきてくれた建て替えのプラン年末に契約をしました。営業さんが契約を急いでおられたので、そのときは、とりあえずの間取りでした。年をけ設計さんと本格的な打ち合わせとなりました。1階にあったお風呂、トイレは3階へ、3階の子供部屋の2部屋は1階へなど、ごく普通に変更してもらいました。 間取りはすごく悩みました。3階たての生活動線はすごく難しく、妥協する点は多いです。前の家の最大の問題点は、洗濯物でした。1階にお風呂脱衣場が有り、洗濯機も1階でした。洗濯を干すのが3階なので洗濯物を干し、乾けば2階、1階まで衣類を移動する必要がありました。なので、これだけは改善したいという思いでした。3階にお風呂を持っていったのは、その理由です。3階にお風呂・脱衣・洗面所があるので、洗濯物は脱衣場に集まります。洗濯機も脱衣場のなかに有り、その横がベランダになっているので、洗濯物がすぐ干せます。また、同じ3階に家族4人全員のウォークインクローゼットと廊下沿いに下着類など小物を収納出来るクローゼットを付けました。衣類の移動が限られたスペースで出来るので、我が家にとっては画期的な生活動線となりました。それから同じ3階に夫婦の寝室とトイレがあり、子供部屋を1階に持って行きました。夫婦の寝室は6畳、子供部屋2部屋は3.5畳と狭く、3部屋とも収納スペースがありません。 2階は、リビングダイニングです。悩んだのは、トイレの位置です。家内がリビングからトイレが見えるのをとても嫌がりました。まあ当然ですけど。一番遠い位置にトイレをおきました。次に手洗いが欲しいと家内が言い出し、小さな洗面をおきました。それでも納得出来ず、次に2階にも洗面化粧台が欲しいと言い出しました。え~っという感じでしたが、パナソニックにシーラインという洗面化粧台があり、奥行が450mmとスリムで、幅はある程度自由に変えられるものです。洗面台をトイレの壁の幅と同じ1700mmにあわせて、洗面所に入るところに引き戸を付けました。トイレを隠すことが出来ました。洗面の幅が1700mmあるので、鏡を2つ付けました。家内と娘が大喜びでした。最も悩んだのが、ダイニングキッチンです。リビングダイニングは、広く見せたいとの思いがあり、キッチンを壁付けにしました。壁付けにするとキッチンが丸見えです。遊び心となにかいい方法はないかと考えました。キッチンは、白色の普通のシステムキッチンです。上に換気扇と吊戸棚があります。キッチンの前面の壁にすこしデコボコのあるタイルを貼りました。キッチン台と吊戸棚を10cm手前に出し取り付けてもらいました。下のチッン台側は、10cm幅でタイルを貼りちょっとしたカウンターにしました。吊戸棚は、そのスペースに間接照明を埋め込んでもらい、吊戸棚の下から全面壁の白いタイルを照らしてもらうようにしました。思った以上にキッチンが明るくなりました。見せれるキッチンになったかなという感じです。次にダイニングテーブル。これは、注文したハウスメーカーさんのモデルハウスに置いてあったテーブルを手本にしました。テーブルとベンチが造り付けの床固定するタイプです。完全な特注です。これをハウスメーカーさんにお願いするとすごく高いので、ベンチとテーブルを床固定できるように土台(ベース)のみハウスメーカーさんで作ってもらい。ダイニングテーブルは、ネットから探し出した家具職人さんに制作してもらいました。製作図は私が書き、メールで図面送信しテーブルを製作。引越し日にあわせてテーブルを納入してもらいました。プロの家具職人さん、イメージとおりのテーブルに仕上げてくれました。ただ問題が、テーブルやベンチを床固定することにより、ちょうどベンチに座った足元の床暖房ができないとのこと。どちらかを諦めなければならなかったのですが、わがままな私たち夫婦は、諦められませんでした。『こんな方法はないですか?』『それともこんな方法?』と設計の方にわがままを言いました。解決策がありました。テーブルの土台を小さくすることによって、床暖房が可能になりました。小さな土台の上に、大きなテーブルを載せているような感じです。こんな感じで、打ち合わせは、2が月半ほど要しました。 着工してからは、現場たんとの方と、コンセント、スイッチ・リモコンや照明、換気扇などの位置を打合せしました。私の方で、壁面要望図を作って、イメージを伝えました。家が完成するまで、わがままを言い続けていたように感じます。 施主はわがままです。わがままでいいと思います。ハウスメーカーの方は、私たちのわがままをよく聞いてくれました。本当に感謝してます。 完成した家ですが、収納が少ないです。仕方ないので要らないものを見つけ徐々にすてています。大分ものが減りました。打ち合わせ時は、収納の少なさで悩んでましたが、今は捨てるものが出てくると爽やかな気分になります。また、ものが減った分片付けも楽になり。収納少ないほうがいいかも という感じです。今は、収納のスペースをうまく使う方法を考えているところです。 考えれば、解決できることも多いです。高いお金を払っての家づくり。打ち合わせも楽しく、着工中も楽しく、完成してからも楽しまなければと思います。